スポンサーリンク

SoftBank 5G、理論値の変動はアンカーバンドが関係


SoftBankは2020年3月27日に第5世代移動通信システム(5G)のNR方式に準拠したSoftBank 5Gの提供を開始すると発表した。

SoftBank 5Gの通信速度の理論値は下り最大2.0Gbps/上り最大103Mbpsと公表されている。

ただ、下り最大2.0Gbpsは千葉県柏市増尾の一部エリアで提供、上り最大103Mbpsは広島県広島市および福山市ならびに福岡県福岡市博多区および中央区の一部エリアで提供すると案内しており、地域によってSoftBank 5Gの理論値が変動することになる。

SoftBankの広報担当者によるとアンカーバンドの理論値の変動によってSoftBank 5Gの理論値も変動するという。

NR方式には単独で動作するスタンドアローン(SA)構成と、LTE方式と連携して動作するノンスタンドアローン(NSA)構成が規定されている。

SoftBankが導入するNSA構成ではNR方式への接続にLTE方式への常時接続が必須となり、常時接続するLTE方式がアンカーバンドと呼ばれる。

NSA構成ではE-UTRA-NRデュアルコネクティビティ(E-UTRA-NR Dual Connectivity:EN-DC)技術によりNR方式とアンカーバンドのLTE方式で同時通信することになり、基本的にNSA構成の5Gサービスの理論値はNR方式とLTE方式の合計値で計算される。

内訳こそ非公表としているが、SoftBank 5Gの下り最大2.0Gbps/上り最大103MbpsもNR方式とLTE方式の合計値という。

NR方式のみの理論値に変動はないが、アンカーバンドはキャリアアグリゲーション(CA)の組み合わせなどLTE方式の高度化技術の実装状況により変動するため、合計値であるSoftBank 5Gの理論値も変動するとのことである。

なお、これはSoftBankのみならず、NSA構成で5Gサービスを導入する各社で同様のことが言える。

SoftBank

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年4月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK