スポンサーリンク

OPPOの現地法人、各地で社名変更



中国のGuangdong Oujia Holdings (広東欧加控股)の子会社で同国のGuangdong OPPO Mobile Telecommunications (OPPO広東移動通信)の日本法人は社名を変更した。

日本ではOPPO Japan (オッポジャパン)からOga Japan (オウガ・ジャパン)に社名を変更したが、Guangdong OPPO Mobile Telecommunicationsの現地法人は日本のほかにも各地で社名を変更する動きが見られる。

このようなタイミングでなければ紹介する機会もないため、各地の事例を簡潔に紹介しておきたいと思う。

Guangdong OPPO Mobile Telecommunicationsは国際的に事業を展開するために各地で現地法人を設立している。

日本ではOPPO Japan、ベトナムではOPPO SCIENCE & TECHNOLOGY、タイではTHAI OPPOのように、当初は現地法人の社名には基本的にOPPOの名称を含めていた。

しかし、各地で現地法人の社名を変更しており、いずれも社名からOPPOの名称を外した。

日本以外では筆者が渡航した国に限定すると、少なくともベトナム、タイ、マレーシア、シンガポール、インドネシア、豪州の6ヶ国で現地法人の社名を変更したことが確認できた。

すでに各地で現地法人の社名を変更しているところで、日本でも同様の変更を実施したことになる。

以上、各地で現地法人の社名を変更している事実を伝えたが、以下からは余談であるため、気が向けば目を通していただければと思う。

これまで、日本ではGuangdong OPPO Mobile Telecommunicationsが展開するOPPOブランドの製品を取り扱ってきた。

日本法人は2021年以降の事業規模の拡大に向けて社名を変更したと説明しており、さらなる詳細には言及していないが、Guangdong Oujia Holdings傘下のほかのブランド、具体的には中国のRealMe Chongqing Mobile Telecommunications (RealMe重慶移動通信)が展開するrealmeブランドまたは中国のOnePlus Technology (Shenzhen) (深圳市万普拉斯科技)が展開するOnePlusブランドの製品の取り扱いも期待されている。

OPPOブランドに限定して事業規模を拡大するならば、社名からOPPOの名称を外す必要はないと考えられるため、realmeブランドまたはOnePlusブランドの導入は十分に想定の範囲内と言える。

ベトナム、タイ、マレーシア、シンガポール、インドネシア、豪州の事例を参照すると、現地法人の社名の変更と前後してrealme事業も開始したことが共通する。

シンガポールのSINOPPEL DEVICE (旧:SINGAPORE OPPO ELECTRONICS)や豪州のOMC ELECTRONICS (旧:OPPO MOBILE AUSTRALIA)のようにOPPO事業に加えてrealme事業の全部または一部を担う事例も見られるが、例えばマレーシアではJie Business (旧:Oppo Electronics)が新設したJie Communicationがrealme事業を管轄するように、別会社を新設してrealme事業を開始する事例が多いように見受けられる。

日本でも同じようになるとは限らないが、以上の通り日本以外における現地法人の社名の変更に伴う動向も紹介しておいた。

参考までに、OPPO事業とrealme事業は現地法人を設立して地域化にも積極的であるが、OnePlus事業は一部の国を除いて現地法人を設立せずにオンラインを中心に展開する傾向となっている。

realmeブランドでは若年層を主な対象として最適な価格性能比を追求した製品を展開しているが、中低価格帯のスマートフォンが中心の国では幅広い年齢層から支持を得ており、一部の国では販売台数でOPPOブランドを上回ることもある。

当初はサブブランド扱いでGuangdong OPPO Mobile Telecommunicationsがrealme事業も管轄していたが、新設したRealMe Chongqing Mobile Telecommunicationsに移管した。

インドで展開を開始しており、その次はベトナムやインドネシアにも参入するなど新興国を中心に事業規模を拡大してきたが、その後は英国やフランスなどをはじめとする欧州の主要国や豪州のような先進国にも進出している。

また、ドイツに欧州本部を開設して欧州の先進国でrealme事業を強化するほか、中南米に進出することも発表しており、国際展開を拡大する計画である。

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly
  • Recent Entries



  • スポンサーリンク

    Instagram



  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年10月
    « 9月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK