スポンサーリンク

ソフトバンク、5G対応のPixel 4a (5G)とPixel 5の販売を開始



SoftBankは米国のGoogle製のスマートフォン「Pixel 4a (5G)」および「Pixel 5」を発売した。

いずれもSoftBankブランドのラインナップで2020年10月15日の10時より販売を開始している。

販売価格はPixel 4a (5G)が65,520円(税込)で、Pixel 5が87,840円(同)に設定されている。

いずれも第5世代移動通信システム(5G)のNR方式に対応しており、SoftBankが提供するNR方式に準拠したSoftBank 5Gを利用できる。

なお、Pixel 4a (5G)に関しては日本の通信事業者としてはSoftBankの1社が取り扱い、世界的にはSoftBankが最も早く発売した通信事業者になるという。

Pixel 4a (5G)はOSにAndroid 11を採用しており、チップセットはQualcomm Snapdragon 765G 5G Mobile Platformを搭載する。

ディスプレイはHDRに対応した約6.2インチFHD+(1080*2340)OLEDで、カメラはリアに光学式手ブレ補正(OIS)に対応かつデュアルピクセル技術を適用した約1220万画素CMOSイメージセンサと超広角レンズの約1600万画素CMOSイメージセンサで構成されるデュアルカメラ、フロントに約800万画素CMOSイメージセンサを備える。

Bluetooth 5.0、無線LAN IEEE 802.11a/b/g/n/ac (2.4GHz/5GHz)、NFCおよびおサイフケータイも利用できる。

システムメモリの容量は6GBで、内蔵ストレージの容量は128GBとなる。

電池パックの容量は3885mAhとなっている。

Pixel 5はOSにAndroid 11を採用しており、チップセットはQualcomm Snapdragon 765G 5G Mobile Platformである。

ディスプレイはリフレッシュレートが最大90HzでHDRに対応した約6.0インチFHD+(1080*2340)フレキシブルOLEDで、カメラはリアに光学式手ブレ補正(OIS)に対応かつデュアルピクセル技術を適用した約1220万画素CMOSイメージセンサと超広角レンズの約1600万画素CMOSイメージセンサで構成されるデュアルカメラ、フロントに約800万画素CMOSイメージセンサを備える。

Bluetooth 5.0、無線LAN IEEE 802.11a/b/g/n/ac (2.4GHz/5GHz)、NFCおよびおサイフケータイも利用できる。

システムメモリの容量は8GBで、内蔵ストレージの容量は128GBである。

防水性能を備えている。

電池パックの容量は4080mAhとなる。

ソフトバンクオンラインショップ

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly
  • Recent Entries



  • スポンサーリンク

    Instagram



  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年10月
    « 9月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK