スポンサーリンク

楽天モバイルのKDDIローミング、東京都では2021年3月末に原則終了へ



Rakuten Mobile (楽天モバイル)はKDDIのネットワークを使用した国内ローミングを東京都では2021年3月末に原則として終了することが分かった。

KDDIは公式ウェブサイトを通じてRakuten Mobileに対する国内ローミングの提供に関して情報を公開しており、東京都、大阪府、奈良県の一部では2020年10月22日より国内ローミングを順次終了していることが分かっていた。

このうち、東京都では2021年3月末に原則として国内ローミングの提供を終了するという。

東京都でも離島などの一部地域は例外が適用されると思われる。

また、東京都でも東京都特別区(東京23区)は当初より国内ローミングの対象ではないため、東京都特別区および一部地域を除いた東京都で2021年3月末に国内ローミングの提供を終えることになる。

Rakuten Mobileは基地局を設置してネットワークを整備する移動体通信事業者(MNO)として新規参入しており、原則として日本全国でネットワークを整備する必要があるが、ネットワークを整備できるまでの暫定的な措置として国内ローミングを提供している。

KDDIおよび同社の連結子会社であるOkinawa Cellular Telephone (沖縄セルラー電話)とローミング協定を締結しており、沖縄県以外ではKDDI、沖縄県ではOkinawa Cellular Telephoneが整備したネットワークを国内ローミングで使用できる。

国内ローミングを提供するエリアも定められており、屋外では東京都特別区、愛知県名古屋市、大阪府大阪市、その他の混雑エリアを除いた日本全国が国内ローミングを提供する対象のエリアとなっている。

また、東京都特別区、名古屋市、大阪市でも一部の屋内施設などは国内ローミングを提供する対象となる。

国内ローミングの提供は期限を2026年3月末までと定めているが、都道府県毎にRakuten Mobileが整備したネットワークの人口カバー率が70%を上回った時点でRakuten MobileとKDDIまたはOkinawa Cellular Telephoneの間で協議を行い、各都道府県における国内ローミングの提供に関して継続または終了を決定する。

東京都、大阪府、奈良県ではRakuten Mobileのネットワークの整備が進み、Rakuten MobileとKDDIが協議を実施して国内ローミングの順次終了を決定し、特に東京都では一部地域を除いて2021年3月末までにRakuten Mobileのネットワークを整備できる見込みであるため、原則として国内ローミングの提供を終了することに決めたと思われる。

なお、国内ローミングではKDDIおよびOkinawa Cellular Telephoneが整備した第4世代移動通信システム(4G)のLTE方式のネットワークを使用できる。

周波数は基本的に800MHz帯となるが、800MHz帯を優先の搬送波とするキャリアアグリゲーション(CA)を適用してほかの周波数も利用できる場合がある。

KDDI

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly
  • Recent Entries



  • スポンサーリンク

    Instagram



  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年12月
    « 11月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK