スポンサーリンク

ソニー、ローカル5Gを利用したNURO Wireless 5Gを2022年春に開始



Sony Groupの完全子会社であるSony Wireless CommunicationsはNURO Wireless 5Gを2022年春頃より提供を開始すると発表した。

Sony Wireless Communicationsは超高速・大容量、低遅延、多数同時接続などを実現できる第5世代移動通信システム(5G)が創出する新たな価値をより多くの顧客が享受できる環境を目指し、ローカル5G事業を開始するという。

ローカル5G事業はソニーのローカル5Gサービスを掲げて展開する。

ローカル5G事業の第一歩として個人の顧客に対してローカル5Gを利用した集合住宅向けインターネット接続サービスとしてNURO Wireless 5Gを2022年春頃に商用化する予定である。

NURO Wireless 5Gはローカル5Gの商用免許で提供する住宅向け固定インターネット接続サービスとしては日本初の取り組みで、2021年10月1日よりエリアおよび利用者を限定したプレサービスを提供している。

なお、ローカル5Gの商用免許はローカル5Gの電気通信業務用無線局免許を意味する。

利用料金は未定で、通信速度および月間データ通信容量に制限はない。

端末は据置型無線LANルータをレンタルで提供するため、購入や設置の工事は不要である。

端末のメーカーはSony Wireless Communicationsで、無線LANの規格はIEEE 802.11a/b/g/n/ac/ax (2.4GHz/5GHz)に対応し、有線LANポートは2.5GBASE-Tが1本と1000BASE-Tが3本となっている。

Sony Wireless Communications製ではWCE-G1000が電波法に基づく工事設計認証を取得した唯一の端末であるため、端末の型番はWCE-G1000と考えられる。

ローカル5Gの無線方式はNR方式を採用しており、無線アクセスネットワーク(RAN)構成は単独で動作するスタンドアローン(SA)構成で運用する。

周波数はサブ6GHz帯の4.7GHz帯で、具体的な周波数範囲および帯域幅は4800~4900MHzの100MHz幅となる。

NR BandはFR1のn79である。

提供可能エリアは北海道、関東、東海、関西、九州の一部で、順次拡大する予定という。

関東は東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、東海は愛知県および静岡県、関西は大阪府、兵庫県、奈良県、九州は福岡県が対象となっている。

Sony

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。









  • follow us in feedly
  • Recent Entries


  • スポンサーリンク

    Instagram



  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2022年5月
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK