スポンサーリンク

楽天モバイル、新たに8県で楽天回線に切り替え開始



Rakuten Mobile (楽天モバイル)は移動体通信事業者(MNO)として展開する携帯通信サービスに関して新たに8県でパートナー回線から楽天回線に切り替えを開始したと案内した。

Rakuten Mobileは日本全国で基地局を開設して楽天回線として自社の携帯通信網の整備を進めている。

ただ、KDDIおよび同社の連結子会社であるOkinawa Cellular Telephone (沖縄セルラー電話)とローミング協定を締結し、携帯通信網の整備が充実するまでの暫定的な措置としてKDDIおよびOkinawa Cellular Telephoneが整備したパートナー回線でローミングも提供している。

Rakuten Mobileはパートナー回線から楽天回線に切り替えを順次開始した時期を都道府県ごとに案内しており、2022年4月1日からは新たに岩手県、山形県、山梨県、和歌山県、島根県、高知県、長崎県、鹿児島県で切り替えを順次開始した。

これまで、2020年4月1日より東京都、2020年10月1日より大阪府および奈良県、2021年4月1日より宮城県、埼玉県、千葉県、神奈川県、新潟県、静岡県、愛知県、滋賀県、京都府、兵庫県、広島県、愛媛県、福岡県、2021年10月1日より北海道、青森県、秋田県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、富山県、石川県、福井県、長野県、岐阜県、三重県、鳥取県、岡山県、山口県、徳島県、香川県、佐賀県、熊本県、大分県、宮崎県、沖縄県で切り替えを順次開始したことが分かっていた。

これにより、47都道府県すべてでパートナー回線から楽天回線への切り替えを順次開始したことになる。

パートナー回線から楽天回線への切り替えに伴い影響が生じると想定されるエリアに居住する加入者に対しては2022年4月頃より案内を開始しているが、2022年4月以降に利用しづらい状況が発生した場合は楽天モバイルコミュニケーションセンターに連絡するよう求めている。

個別に状況を調査したうえで早急に対応するという。

なお、東京都特別区(東京23区)、大阪府大阪市、愛知県名古屋市は当初よりローミングの対象外である。

ローミングを提供しないエリアでも屋内施設や観光名所など一部ではローミングを提供している場合があることに留意しておきたい。

Rakuten Mobile

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。









  • follow us in feedly
  • Recent Entries


  • スポンサーリンク

    Instagram



  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2023年2月
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK