スポンサーリンク

サムスン電子、米Comcastに5G基地局を供給



韓国のSamsung Electronics (サムスン電子)は米国(アメリカ)はComcastに第5世代移動通信システム(5G)の基地局を供給すると発表した。

Samsung Electronicsは基地局を構成する無線アクセスネットワーク(RAN)の通信設備を含めた5G RANソリューションをComcastに対して供給する計画である。

Comcastは600MHz帯および市民ブロードバンド無線サービス(Citizens Broadband Radio Service:CBRS)の3.6GHz帯を使用して5Gを整備する。

なお、CBRSの周波数では第4世代移動通信システム(4G)のLTE方式や5GのNR方式を導入できる。

地域限定で公衆網や自営網を運用できるため、まったく共通ではないが、日本のローカル5Gと類似した部分がある。

600MHz帯および3.6GHz帯ともにSamsung Electronicsが5G RANソリューションをComcastに供給することになる。

Samsung ElectronicsがComcastに納入する5G RANソリューションの詳細な製品までは公表していないが、CBRS向けのスモールセルなどが含まれている。

5Gを導入することが確定しており、5Gの無線方式はNR方式となる。

NR Bandは600MHz帯がFR1のn71で、3.6GHz帯がFR1のn48である。

これまで、Comcastは米国の移動体通信事業者(MNO)でVerizon Wirelessとして携帯通信事業を行うCellco Partnershipの携帯通信網を使用した仮想移動体通信事業者(MVNO)として携帯通信事業を展開している。

個人顧客向けにはXfinity Mobile、法人顧客向けにはComcast Business Mobileとして携帯通信サービスを提供する。

しかし、高トラヒックエリアを中心として特定のエリアで5Gを強化するために移動体通信事業者としてComcastが5Gを整備することになった。

600MHz帯は帯域幅が狭いため、高速通信は期待できないが、屋内を含めて広範なカバレッジの確保が期待できる。

3.6GHz帯ではカバレッジは限定的となるが、比較的広い帯域幅で高速通信を実現できる見通しである。

Comcastが移動体通信事業者として5Gを商用化する時期は発表していない。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。









  • follow us in feedly
  • Recent Entries


  • スポンサーリンク

    Instagram



  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2022年9月
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK