スポンサーリンク

SoftBank向けの未発表スマートフォンSHARP 401SHがFCC通過


SoftBank向けのSHARP製FDD-LTE/TD-LTE(AXGP)/W-CDMA/GSM端末「401SH」が2014年10月13日付けでFCCを通過した。

FCC IDはAPYHRO00211。

モバイルネットワークはGSM 1900 MHzのみで認証を受けている。

Bluetoothや無線LANの周波数でも通過している。

無線LAN通信の規格はIEEE 802.11 b/g/nに対応する。

IEEE 802.11 nは2.4GHz帯のみに対応しており、5.xGHz帯には非対応となる。

電池パックは型番がUBATIA251AFN1で、容量は2400mAhとなっている。

401SHは未発表端末の型番(モデル番号)である。

型番規則からSoftBankグループ向けであることが分かる。

米国における対応周波数はGSM 1900 MHzのみであることから、米国のSprint向けではなく日本のSoftBankグループ向けと考えられる。

SHARP AQUOS CRYSTAL Xは型番が402SHで、電池容量が2610mAhであるため、401SHはSHARP AQUOS CRYSTAL Xとは異なる端末である。

無線LAN通信が2.4GHz帯のみであることからも、ハイエンドのスマートフォンでないことが予想できる。

401SHは総務省の工事設計認証を通過しているW-078と同一の端末と思われる。

通信方式はFDD-LTE 2100(B1)/1800(B3)/900(B8) MHz, TD-LTE(AXGP) 2500(B41) MHz, W-CDMA 2100(I)/900(VIII) MHz, GSM 1900/1800/900 MHzに対応する。

SoftBankの2014-2015年冬春モデルの一つとして登場する見通し。

FCCではラベルや端末背面の簡易図が公開されている。

401sh
FCC – SHARP 401SH

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年2月
    « 1月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    242526272829  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK