スポンサーリンク

SoftBank向けにGalaxy S6 edgeを投入へ、サムスン公式ページにSM-G925Zが登場


韓国のSamsung ElectronicsはSoftBank Mobile向けにスマートフォン「Samsung Galaxy S6 edge」を投入することが分かった。

Samsung Electronicsの日本向けサポートページにはSM-G925Zが登場している。

SM-G925Zは未発表端末であるため、サポートページでは取扱説明書などの各種コンテンツは公開されていない。

SoftBank Mobile向けに投入されたGalaxy Tab4 (403SC)のメーカー型番であるSM-T237Zと同じく、メーカー型番の末尾がZとなっている。

製品コードはSM-G925XZKASBMとなっており、末尾の3文字がSBMであることからSoftBank Mobile向けであると考えられる。

なお、末尾の3文字はNTT docomo向けの場合はDCM、KDDI向けの場合はKDIとなる。

SM-G925シリーズはSamsung Galaxy S6 edgeの型番であるため、SM-G925ZはSoftBank Mobile向けのSamsung Galaxy S6 edgeに該当する。

認証機関を通過しても製品化されないケースは珍しくないが、Samsung Electronicsのサポートページに登場した場合はほとんどが製品化されているため、SoftBank Mobile向けにSamsung Galaxy S6 edgeが投入される可能性は高いと推測している。

smg925z
Samsung Electronics Japan – SM-G925Z

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年4月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK