スポンサーリンク

ソフトバンクが6月20日にPepperの一般販売を開始、秋には法人向けのPepper for Bizを発売


SoftBank RoboticsとSoftBank Mobileは世界初となる自分の感情を持ったパーソナルロボット「Pepper」の一般販売を2015年6月20日に開始すると発表した。

2015年6月の販売数は1000台で、2015年6月20日午前10時より公式ウェブサイトにおいて申し込みを受け付ける。

先行販売として2015年6月19日よりソフトバンク東京駅グランルーフフロントにおいて、限定30台で抽選販売を実施する。

出荷の開始は抽選販売も含めて2015年7月以降となる予定である。

本体価格は198,000円で、Pepper 基本プランは14,800円×36ヶ月、Pepper 保険パックは9,800円×36ヶ月となる。

基本プランと保険パックは36回払いまたは一括払いとなり、オンラインショップで購入する場合は基本プランと保険パックへの加入を必須としている。

また、購入する場合はロボット手続き手数料の9,800円が必要である。

PepperはOSにNAOqi OSを採用し、約10.1インチのタッチパネル対応ディスプレイを搭載する。

通信は無線LAN IEEE 802.11 a/b/g/n (2.4GHz and 5.xGHz Dual-Band)に対応している。

移動速度は最大2km/hで移動可能段差は最大1.5cmである。

Pepperには法人向けモデルとして専用アプリやサポートが付属するPepper for Bizを用意し、2015年秋に販売を開始する予定という。

なお、Pepper for Bizに関する詳細は2015年7月に開催するSoftBank World 2015で発表される。

pepper
pepper
SoftBank

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2018年9月
    « 8月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
  • Archive

  • Select Category

  • LINK