スポンサーリンク

GSAがLTEサービスに関する調査を発表、143の国と地域で422の事業者がLTEサービスを提供中



調査会社のGSMは世界におけるLTEサービスに関する調査の結果を発表した。

世界では143の国と地域において422の事業者がLTEサービスを商用化していることが明らかにされている。

LTEサービスを商用化している事業者の20%以上88社はLTE-Advancedの主要技術であるキャリアアグリゲーションを導入しており、キャリアアグリゲーションを導入済みの国と地域は45に達するという。

また、キャリアアグリゲーションを導入済みの88社のうち、15社はLTE UE Category 4のみに対応し、73社がLTE UE Category 6に対応する。

周波数別では1.8GHz帯(Band 3)が世界最多で、89の国と地域において189の事業者が採用しており、LTEサービスを商用化している事業者のうち44%が1.8GHz帯を採用することになる。

一時期は1.8GHz帯を採用する事業者が45%を超えていたため、全体的な割合としては減少していることになる。

APT700 FDDと呼ばれる700MHz帯(Band 28)など新しい周波数の採用や、WiMAX事業者のTD-LTE方式の導入などが相次ぎ、1.8GHz帯の割合が減少気味にあると考えられる。

1.8GHz帯の次に採用数が多い周波数は2.6GHz帯(Band 7)で100社が採用しており、その次は800MHz帯(Band 20)で91社が採用する。

TD-LTE方式の採用は59社となっており、LTEサービスを商用化している事業者のうちおよそ7分の1がTD-LTE方式を導入していることになる。

なお、TD-LTE方式を採用する事業者のうち17社はFDD-LTE方式とTD-LTE方式のデュアルモードで展開しており、TD-LTE方式で最も採用数が多い周波数は依然として2.3GHz帯(Band 40)となる。

LTEネットワーク上で音声通話を実現するVoLTE(Voice over LTE)は16の国と地域で25の事業者が商用化している。

VoLTE対応端末としては198機種のスマートフォンを含む219機種が発表されているという。

GSA

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly
  • Recent Entries


  • スポンサーリンク

    Instagram



  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2022年12月
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK