スポンサーリンク

SoftBankのLTE対応プロジェクタとなるモバイルシアターは11月以降発売に


SoftBankはZTE(中興)製FDD-LTE/AXGP(TD-LTE)/W-CDMA端末「モバイルシアター(502ZT)」の発売時期を2015年11月以降に変更したことが分かった。

発表当初は2015年9月以降に発売すると案内していたが、2015年11月以降に発売する予定に変更している。

モバイルシアターはプロジェクタを搭載したモバイル無線LANルータで、ZTE Spro 2のSoftBank版となっている。

OSにはAndroid 4.4.4 KitKat Versionを採用している。

チップセットはQualcomm Snapdragon 801 (MSM8974)である。

CPUはクアッドコアで動作周波数が2.0GHzとなっている。

ディスプレイは約5.0インチHD(1280*720)液晶を搭載している。

通信方式はFDD-LTE 2100(B1)/900(B8) MHz, AXGP(TD-LTE) 2500(B41) MHz, W-CDMA 2100(I)/900(VIII) MHzに対応する。

LTE UE Category 4に対応しており、SoftBankのネットワークではFDD-LTE方式で下り最大112.5Mbps、AXGP(TD-LTE)方式では下り最大110Mbpsとなる。

Bluetooth 4.0や無線LAN IEEE 802.11 a/b/g/n (2.4GHz and 5.xGHz Dual-Band)にも対応している。

システムメモリの容量は2GBで、内蔵ストレージの容量は16GBである。

電池パックはリチウムポリマー電池を内蔵しており、容量は6300mAhとなっている。

DLP方式のピコプロジェクタを搭載しており、小型のプロジェクタとして利用できる。

プロジェクタは解像度がHD(1280*720)で、コントラスト比は1000:1、輝度は200ルーメン、120インチまで投影可能である。

カラーバリエーションはシルバーの1色が用意されている。

SoftBank

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年10月
    « 9月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK