スポンサーリンク

4Kディスプレイを搭載したSony Xperia Z5 Premium (E6853)が技適通過



総務省の技術基準適合証明または工事設計認証を2015年10月に通過した端末が公示された。

Sony Mobile Communications製のFDD-LTE/TD-LTE/W-CDMA/GSM端末「E6853」が2015年10月8日付けでディーエスピーリサーチを通過したことが分かった。

工事設計認証番号は003-150168。

モバイルネットワークはFDD-LTE 2100(B1)/1800(B3)/900(B8)/700(B28) MHz, W-CDMA 2100(I)/900(VIII) MHzで認証を受けている。

Bluetoothや無線LANの周波数でも通過している。

無線LAN通信は2.4GHz帯に加えて5.xGHz帯も利用可能で、規格はIEEE 802.11 a/b/g/n/acに対応する。

E6853はSony Xperia Z5 Premiumとして発表されており、すでに一部市場では販売を開始している。

製品版のE6853でも技適マークを表示可能であることが確認されている。

Sony Xperia Z5 Premiumには複数のバリエーションが存在するが、E6853はシングルSIM版のSony Xperia Z5 Premiumに該当する。

OSにはAndroid 5.1.1 Lollipop Versionを採用している。

チップセットは64bit対応のQualcomm Snapdragon 810 (MSM8994)である。

CPUはクアッドコアの2.0GHzとクアッドコアの1.5GHzで計オクタコアとなっている。

ディスプレイは約5.5インチUHD(2160*3840)液晶を搭載し、4Kクラスの解像度で画素密度は806ppiに達する。

カメラはリアに約2300万画素積層型CMOSイメージセンサ、フロントに約510万画素裏面照射型CMOSイメージセンサを備える。

通信方式はFDD-LTE 2600(B7)/2100(B1)/1900(B2)/ 1800(B3)/1700(B4)/900(B8)/850(B5)/ 800(B20)/700(B12/B17/B28) MHz, TD-LTE 2600(B38)/2300(B40) MHz, W-CDMA 2100(I)/1900(II)/900(VIII)/850(V) MHz, GSM 1900/1800/900/850 MHzに対応している。

LTE UE Category 6に対応しており、通信速度は下り最大300Mbps/上り最大50Mbpsである。

SIMカードはシングルSIMで、サイズはNano SIM (4FF)サイズを採用している。

Bluetooth 4.1や無線LAN IEEE 802.11 a/b/g/n/ac (2.4GHz and 5.xGHz Dual-Band)やNFC Type A/Bにも対応する。

システムメモリの容量は3GBで、内蔵ストレージの容量は32GBである。

IPX5/IPX8に準拠した防水性能やIP6Xに準拠した防塵性能を備える。

電池パックは内蔵式で、容量が3430mAhとなっている。

電源キーには指紋認証センサを搭載しており、セキュリティ性能を高めている。

カラーバリエーションはChrome, Black, Goldの3色展開である。

総務省 電波利用ホームページ

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly
  • Recent Entries



  • スポンサーリンク

    Instagram



  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2021年4月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK