スポンサーリンク

4G LTEとWiMAX 2+のCAに対応したau Galaxy S7 edge SCV33を発表、下り最大370Mbpsに


KDDIおよびOkinawa Cellular TelephoneはSamsung Electronics製のFDD-LTE/WiMAX 2+(TD-LTE)/W-CDMA/GSM端末「au Galaxy S7 edge SCV33」を発表した。

Samsung Electronicsがフラッグシップとして展開するSamsung Galaxy S7 edgeのau版となるスマートフォンである。

OSにはAndroid 6.0.x Marshmallow Versionを採用している。

チップセットは64bit対応のQualcomm Snapdragon 820 (MSM8996)である。

CPUはデュアルコアの2.2GHzとデュアルコアの1.6GHzで計クアッドコアとなる。

ディスプレイは約5.5インチWQHD(1440*2560)Super AMOLEDを搭載し、画素密度は534ppiに達する。

カメラはリアにスマート光学手ブレ補正対応の約1220万画素CMOSイメージセンサ、フロントに約500万画素CMOSイメージセンサを備える。

通信方式はFDD-LTE/WiMAX 2+(TD-LTE)/W-CDMA/GSM方式に対応している。

LTE-Advancedの主要技術であるキャリアアグリゲーション(CA)に対応し、KDDIおよびOkinawa Cellular Telephoneが提供するキャリアアグリゲーションを利用できる。

通信速度は4G LTEとWiMAX 2+のキャリアアグリゲーションで下り最大370Mbps、4G LTEのキャリアアグリゲーションで下り最大225Mbps、WiMAX 2+のキャリアアグリゲーションで下り最大220Mbpsとなる。

LTEネットワーク上で音声通話を実現するVoLTE (Voice over LTE)にも対応しており、高音質な音声通話や高速な発着信などを実現する。

SIMカードのサイズはNano SIM (4FF)サイズを採用している。

Bluetooth 4.2や無線LAN IEEE 802.11 a/b/g/n/ac (2.4GHz and 5.xGHz Dual-Band)やNFC Type A/Bおよびおサイフケータイにも対応する。

日本独自機能としてはISDB-T方式のフルセグやワンセグを視聴できる。

システムメモリの容量は4GBで、内蔵ストレージの容量は32GBを用意している。

外部メモリを利用可能で、microSDカードスロットを搭載する。

IPX5/IPX8に準拠した防水性能やIP6Xに準拠した防塵性能を備えている。

電池パックは内蔵式で、容量が3600mAhとなっている。

フロントには指紋認証センサを搭載しており、セキュリティ性能を高めている。

カラーバリエーションはブラック オニキス、ホワイト パール、ピンク ゴールドの3色展開である。

2016年5月19日に販売を開始する。

scv33_press
au

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年12月
    « 11月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK