スポンサーリンク

シンガポールのSingtelが256QAMを導入、下り最大450Mbpsに高速化


singtel

シンガポールのSingapore Telecommunications (Singtel)の全額出資子会社でシンガポールの移動体通信事業者であるSingtel Mobile SingaporeはLTEサービスの通信速度を下り最大450Mbpsに高速化した。

LTEサービスの周波数はFDD-LTE方式の2.6GHz帯(Band 7)の20MHz幅*2、1.8GHz帯(Band 3)の20MHz幅*2、900MHz帯(Band 8)の5MHz幅*2を使用しており、LTE-Advancedの主要技術であるキャリアアグリゲーション(CA)を高度化した3コンポーネント・キャリア・キャリアアグリゲーション(3CC CA)を導入している。

3CC CAは組み合わせがCA_3A-7A-8Aで、通信速度は下り最大375Mbpsで提供してきたが、新たに下りの変調方式に256QAMを導入して通信速度を下り最大450Mbpsとする。

シンガポール全土を下り最大450Mbpsの提供エリアとしており、Samsung Galaxy S7およびSamsung Galaxy S7 edgeで下り最大450Mbpsの高速通信を利用できる。

また、LG V20はソフトウェアのアップデートで下り最大450Mbpsに対応する予定としている。

Singtel

スポンサーリンク

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク


    Instagram
  • Recent Entries


  • スポンサーリンク

  • Calendar

    2017年9月
    « 8月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  

  • SNS

  • Archive

  • Select Category

  • LINK