スポンサーリンク

オーストラリアでモバイルを見るなら郵便局もオススメ


post2

豪州のオーストラリア首都特別地域(ACT)・キャンベラ、ニューサウスウェールズ州・シドニー、ビクトリア州・メルボルンを訪問して現地のモバイル事情を見てきた。

豪州では移動体通信事業者(MNO)の携帯電話契約件数のうちポストペイド契約の比率がプリペイド契約より高く、端末はポストペイド向けのプランとセットで購入することも多い。

MNO各社はポストペイド向けの端末とプリペイド向けの端末を分けているが、ラインナップはポストペイド向けの方が充実しており、ポストペイド契約の比率が高いことを裏付けている。

なお、ポストペイド向けでも端末単体で購入可能としており、端末単体での購入はoutrightと呼ばれる。

一般的に端末はMNOの販売店や家電量販店で購入できるが、豪州では郵便局でも端末を購入できるので紹介したい。

豪州ではAustralia Postが郵便局の運営を手掛けており、正規代理店としてMNOや仮想移動体通信事業者(MVNO)などの商品を取り扱っている。

post1

郵便局内で売られる端末

郵便局ではMNOのプリペイドSIMカードやプリペイド向け端末のほか、MVNOのプリペイドSIMカードやプリペイド向け端末、MNOおよびMVNOを介さずに流通する端末も販売している。

MNOの商品はMNOの販売店や家電量販店で簡単に買えるが、MVNOのプリペイド向け端末やMNOおよびMVNOを介さずに流通する端末は家電量販店でも取り扱いが少ない。

また、郵便局ではMNOの商品でも定価より安く販売している場合があり、例えば豪州最大手のMNOであるTelstra向けのTelstra 4GX Smartは当時の定価が79豪ドル(約6,600円)に設定されていたが、郵便局では59豪ドル(4,900円)で販売されていた。

MNOの販売店や家電量販店では取り扱っていない商品も多く、MNOの商品でさえ定価より安いことがあるため、端末を見るのであれば郵便局も十分に楽しめるはず。

Australia PostはMVNOとして携帯電話サービスも手掛けており、もちろんAustralia Postが提供するTravelSIMも郵便局で販売している。

post2

キャンベラの国会議事堂に入る郵便局

なお、郵便局の取扱商品を掲載したカタログは公式ウェブサイトで公開しており、すべての取扱商品が掲載されているわけではないが、参考にはなるだろう。

Australia Post Catalogues

筆者は郵便局でTelstra 4GX SmartとMVNOであるamaysim AustraliaのプリペイドSIMカードを購入した。

規模が小さい郵便局であれば取扱商品が少ないこともあるため、郵便局に行くのであれば規模が比較的大きい郵便局を選ぶことを推奨したい。

telstra3

国会議事堂内の郵便局で購入したTelstra 4GX Smart

スポンサーリンク

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • SNS

  • Calendar

    2017年10月
    « 9月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK