スポンサーリンク

SoftBankがVoLTE(HD+)を導入、EVS技術を適用


softbank

SoftBankはVoLTE(HD+)を導入することを明らかにした。

VoLTE (Voice over LTE)はLTEネットワーク上で音声通話を実現する技術で高音質な音声通話、高速な発着信、音声通話中の高速なデータ通信などが期待できるが、VoLTE(HD+)はさらに高音質化する音声コーデック技術のEVS (Enhanced Voice Services)を適用している。

音声周波数帯域は従来のW-CDMAによる音声通話が0~4000Hz前後、VoLTEによる音声通話が0~8,000Hz前後、VoLTE(HD+)による音声通話が16,000Hz前後となっている。

ヒトの耳の可聴域は20~20,000Hz程度とされており、VoLTE(HD+)ではよりヒトの耳の可聴域に近づいたことになる。

VoLTE(HD+)に対応した端末としてはSHARP製のAQUOS RおよびSony Mobile Communications製のXperia XZsを用意している。

なお、AQUOS Rは2017年上旬以降に発売予定で、Xperia XZsは2017年5月下旬以降に発売予定である。

SoftBank

スポンサーリンク

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク


    Instagram
  • Recent Entries


  • スポンサーリンク

  • Calendar

    2017年7月
    « 6月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  

  • SNS

  • Archive

  • Select Category

  • LINK