スポンサーリンク

ソフトバンクに続いてNTTドコモとKDDIもパプアニューギニアからの不審な着信について注意喚起


docomo_kddi_softbank

NTT DOCOMOとKDDIはパプアニューギニアからの不審な国際電話に関して注意喚起した。

これまでに、日本の携帯電話宛にパプアニューギニアの国番号である+675から始まる電話番号より不審な国際電話の着信が確認されているという。

先行してSoftBankが注意喚起を発表していたが、SoftBankに続いてNTT DOCOMOとKDDIも注意喚起を発表している。

着信履歴で心当たりのない電話番号への折り返し電話は注意するよう呼び掛けている。

なお、パプアニューギニアへの発信で発生する通話料は携帯電話事業者によって異なり、NTT DOCOMOのWORLD CALLでは平日の8時~19時が30秒あたり68円、それ以外が30秒あたり63円、KDDIおよびOkinawa Cellular Telephoneのau国際電話サービスでは30秒あたり65円、SoftBankの国際電話では30秒あたり249円と案内している。

NTT DOCOMO
KDDI

■関連記事
パプアニューギニアからの不審な国際電話に関して注意喚起、折り返すと通常より高額請求の可能性も

スポンサーリンク

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク


    Instagram
  • Recent Entries


  • スポンサーリンク

  • Calendar

    2017年7月
    « 6月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  

  • SNS

  • Archive

  • Select Category

  • LINK