スポンサーリンク

au向けAQUOS R SHV39とSoftBank向けAQUOS R (605SH)のハード共通化を確認


KDDIおよびOkinawa Cellular Telephone向けのSHARP製スマートフォン「AQUOS R SHV39」とSoftBank向けのSHARP製スマートフォン「AQUOS R (605SH)」はハードウェアが共通であることを移動体通信事業者が公開する情報より確認できた。

AQUOS R SHV39とAQUOS R (605SH)は2017年7月7日より販売を開始しており、発売に伴ってそれぞれ取扱説明書も公開されている。

FCC IDはいずれもAPYHRO00249と記載されているため、AQUOS R SHV39とAQUOS R (605SH)は同一端末としてFCCの認証を取得しており、ハードウェアが共通であることが分かる。

ただ、FCCの認証を取得時に指摘していた通り、ハードウェアは共通化されているが、Type-AとType-Bの2種類が存在し、それぞれソフトウェアで対応周波数が制限されている。

Type-AがAQUOS R (605SH)で、Type-BがAQUOS R SHV39に該当することも分かっている。

shv39
au
SoftBank

■関連記事
au向けAQUOS R SHV39とSoftBank向けAQUOS R (605SH)はハードウェアを共通化

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2018年4月
    « 3月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK