スポンサーリンク

Galaxy A8 (2018)シリーズをヤングプレミアムスマホとして展開、プレミアムスマホとナンバリングを統一



韓国のSamsung Electronicsはスマートフォン「Samsung Galaxy A8 (2018)」および「Samsung Galaxy A8+ (2018)」をグローバル向けに公開した。

中高価格帯のスマートフォンで、型番(モデル番号)はSamsung Galaxy A8 (2018)がSM-A530x、Samsung Galaxy A8+ (2018)がSM-A730xとなる。

これまでSM-A5n0xはSamsung Galaxy A5シリーズ、SM-A7n0xはSamsung Galaxy A7シリーズ、SM-A8n0xはSamsung Galaxy A8シリーズとなっていたが、2018年に発売するスマートフォンからはSM-A5n0xとSM-A7n0xともにSamsung Galaxy A8シリーズに統一された。

フラッグシップのスマートフォンであるSamsung Galaxy S8およびSamsung Galaxy S8+を皮切りに、Samsung Galaxy Note8、Samsung Galaxy A8 (2018)、Samsung Galaxy A8+ (2018)と中高価格帯以上のスマートフォンはナンバリングを統一し、世代を明確化する狙いがあると思われる。

型番規則からも分かるが、実質的にSamsung Galaxy A8 (2018)はSamsung Galaxy A5 (2017)の後継、Samsung Galaxy A8+ (2018)はSamsung Galaxy A7 (2017)の後継に相当する。

また、Samsung Galaxy A8 (2018)およびSamsung Galaxy A8+ (2018)はヤングプレミアムスマートフォン(영 프리미엄 스마트폰)と位置付け、機能をSamsung Galaxy S8、Samsung Galaxy S8+、Samsung Galaxy Note8のようなプレミアムスマートフォンに近づけており、準プレミアムスマートフォンと言えるスペックに仕上げている。

Samsung Galaxy A8 (2018)およびSamsung Galaxy A8+ (2018)はフロントのディスプレイ占有率を高めたInfinity Displayを採用し、アスペクト比が18.5:9のSuper AMOLEDを搭載しているが、これはプレミアムスマートフォン以外では初めて適用された。

なお、過去にはSamsung Galaxy A5 (2017)も韓国ではヤングプレミアムスマートフォンと位置付けていた。

a8-2018-press

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly
  • Recent Entries


  • スポンサーリンク

    Instagram



  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2022年12月
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK