スポンサーリンク

Googleが2018年2月上旬のAndroidバージョン別シェアを公開、Nougatが1位に


米国のGoogleは最新のAndroid OSのバージョン別の占有率を公開した。

集計期間は2018年2月5日までの7日間となっており、実質的に2018年2月上旬時点の集計結果となる。

トップはNougatで占有率が28.5%となり、2018年1月上旬に集計された前回の26.3%から上昇した。

2位以下は2位がMarshmallowで前回の28.6%から低下して28.1%に、3位がLollipopで前回の25.1%から低下して24.6%に、4位がKitKatで前回の12.8%から低下して12.0%に、5位がJelly Beanで前回の5.6%から低下して5.0%に、6位がOreoで前回の0.7%から上昇して1.1%に、7位がIce Cream Sandwichで前回の0.5%から低下して0.4%に、8位がGingerbreadで前回の0.4%から低下して0.3%である。

順位は上昇傾向のNougatと低下傾向のMarshmallowが入れ替わり、Nougatは初めて1位になった。

1位と2位以外に順位の変動はなく、最新バージョンのOreoは1%を超えたものの6位にとどまる。

なお、占有率が0.1%未満のバージョンは集計結果に反映されていない。

Android

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年4月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK