スポンサーリンク

台湾の中華電信と遠傳電信がiPhone 6の32GBを発売


台湾の移動体通信事業者(MNO)であるChunghwa Telecom (中華電信)およびFar EasTone Telecommunications (遠傳電信)はApple製のスマートフォン「Apple iPhone 6」の32GBモデルの販売を開始した。

Apple iPhone 6の発表当初、内蔵ストレージの容量は16GB、64GB、128GBの3種類を用意していたが、2017年第1四半期に32GBが追加された。

台湾では2017年3月より移動体通信事業者のTaiwan Mobile (台湾大哥大)が独占的にApple iPhone 6の32GBモデルを取り扱っていたが、2018年2月よりChunghwa TelecomおよびFar EasTone TelecommunicationsもApple iPhone 6の32GBモデルの取り扱いを開始する。

カラーバリエーションは金の1色展開となっている。

基本的にChunghwa Telecomは契約期間が12ヶ月、24ヶ月、30ヶ月、Far EasTone Telecommunicationsは契約期間が24ヶ月または30ヶ月のポストペイドプランの契約を伴う販売を前提とするが、Chunghwa Telecomは端末単体の定価を13,500台湾ドル(約50,000円)と案内している。


Chunghwa Telecom
Far EasTone

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2018年6月
    « 5月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK