スポンサーリンク

Galaxy S8およびGalaxy S8+のAndroid 8.0 Oreoへのバージョンアップを中断


韓国(南朝鮮)のSamsung Electronics (サムスン電子)はスマートフォン「Samsung Galaxy S8」および「Samsung Galaxy S8+」に対するOSのバージョンアップを中断したことが分かった。

Samsung Electronicsは2018年2月12日よりSamsung Galaxy S8およびSamsung Galaxy S8+に対して、Android 8.0.0 Oreo Versionへのバージョンアップの配信を開始していた。

対象の型番(モデル番号)はSamsung Galaxy S8が国際版のSM-G950F、Samsung Galaxy S8+が国際版のSM-G955Fである。

しかし、2018年2月14日の時点でバージョンアップの配信が停止された。

バージョンアップの配信を停止した理由は明らかにされていないが、何らかの不具合が確認された可能性がある。

また、Samsung Electronicsの公式ウェブサイトではバージョンアップに関する案内が削除されている。

配信を停止したソフトウェアのビルド番号はSamsung Galaxy S8がG950FXXU1CRAP、Samsung Galaxy S8+がG955FXXU1CRAPとなっている。


Samsung Electronics – Galaxy S8 (SM-G950F)
Samsung Electronics – Galaxy S8+ (SM-G955F)

■関連記事
Galaxy S8およびGalaxy S8+にAndroid 8.0 Oreoへのバージョンアップを開始

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2018年5月
    « 4月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK