スポンサーリンク

富士通周辺機の携帯端末事業を継承するジャパン・イーエム・ソリューションズを設立


Fujitsu (富士通)はJapan E.M.Solutions (以下、JEMS)を設立した。

国税庁(National Tax Agency:NTA)が運営する法人番号公表サイトでJEMSの設立を確認できる。

正式な商号は英語がJapan E.M.Solutions Co., Ltd.、日本語がジャパン・イーエム・ソリューションズ株式会社となる。

当初の計画通り、JEMSは2018年2月にFujitsuの全額出資子会社として設立された。

法人番号指定年月日は2018年2月13日で、所在地はFujitsuの全額出資子会社であるFujitsu Peripherals (富士通周辺機:以下、FPE)と同じく兵庫県加東市佐保35番となっている。

Fujitsuは携帯端末事業の再編に関して発表しており、Fujitsuの全額出資子会社で携帯端末事業を手掛けるFujitsu Connected Technologies (富士通コネクテッドテクノロジーズ:以下、FCNT)と、FPEの携帯端末事業を継承するJEMSの株式の大半をPolaris Capital Groupに売却する。

JEMSはFPEの携帯端末事業を継承する会社であり、FPEの携帯端末事業は携帯端末などの開発、製造、修理を担う兵庫県加東市内の社工場となる。

Fujitsuは2018年3月30日にFCNTおよびJEMSの株式の大半をPolaris Capital Groupに売却する予定で、取引完了後は少数株主としてFCNTの株式30%およびJEMSの株式19%を保有する方針である。

法人番号公表サイト

■関連記事
富士通が携帯端末事業を売却すると発表

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年8月
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK