スポンサーリンク

KDDIなどが50台の5Gタブレットを活用して競技場で4K高精細映像の同時配信に成功


KDDI、KDDI Research (KDDI研究所)、Advanced Telecommunications Research Institute International (国際電気通信基礎技術研究所:以下、ATR)は第5世代移動通信システム(5G)に対応した50台のタブレットを活用して競技場における4K高精細映像を同時配信する実証実験に日本国内で初めて成功したと発表した。

実証実験は沖縄県那覇市に位置する沖縄セルラースタジアム那覇において2018年3月5日から2018年3月9日まで実施したという。

各社の役割はKDDIが5Gのエリア設計や評価、KDDI Researchが4K高精細映像配信システムの開発、ATRが総務省(Ministry of Internal Affairs and Communications:MIC)の技術試験事務における5G総合実証試験の請負となっている。

28GHz帯を利用して沖縄セルラースタジアム那覇の観客席に5Gのエリアを構築し、そこに映像視聴端末として50台の5Gに対応したタブレットを設置しており、5Gの特徴である高速通信および大容量通信を活用して映像視聴端末に4K高精細映像の同時配信に成功したとのことである。

なお、28GHz帯は5Gの候補周波数帯として有力視されている周波数帯で、世界各地で28GHz帯を利用した5Gの研究開発が進められている。

実証実験は韓国(南朝鮮)のSamsung Electronics (サムスン電子)が開発した5G エンドツーエンドソリューションを採用しており、5Gに対応したタブレットもSamsung Electronicsが開発した。

KDDIは実証実験を通じて5Gを活用したスタジアムエンターテインメントの実現に向けて、高度な映像伝送技術の実現を目指すという。

KDDI
au

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2018年7月
    « 6月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK