スポンサーリンク

NTTドコモ・au・ソフトバンクがRCS準拠の+メッセージを提供すると発表

NTT DOCOMO、KDDI、SoftBankは携帯電話番号だけでメッセージの送受信を行えるSMSの機能を高度化させた新サービス「+メッセージ (プラスメッセージ)」を2018年5月9日より提供を開始すると発表した。

GSM Association (GSMA)で世界的に標準化されたRCS (Rich Communication Services)に準拠したサービスとなる。

文字数を気にすることなく、携帯電話番号宛にチャット形式でメッセージ、写真や動画などを送受信できる。

また、コミュニケーションを豊かにする専用スタンプや複数人で同時にメッセージの送受信を行えるグループメッセージも楽しめる。

具体的には、従来のSMSはテキストおよび絵文字が最大全角70文字に限られたが、+メッセージでは最大全角2,730文字と大幅に増える。

また、従来のSMSでは写真や動画、専用スタンプ、グループメッセージ、音声メッセージ、地図情報などの送受信は不可であるが、+メッセージでは可能となる。

OSにAndroid 4.4 KitKat Version以降のAndroidを採用したNTT DOCOMO、KDDI、SoftBankのスマートフォンおよびタブレットを利用する顧客に対して、2018年5月9日より提供を開始する。

iOS 9.0以降のiOSを採用したスマートフォンおよびタブレットを利用する顧客に対しては準備ができ次第、提供を開始する予定という。

+メッセージのアプリケーションをダウンロードすれば利用可能となり、KDDIではSMS (Cメール)、SoftBankではSoftBankメールの各アプリケーションのバージョンアップが必要な場合がある。

メッセージの送受信にはパケット通信料が発生するため、パケット定額サービスへの加入が推奨されている。

なお、従来のSMSは各社が設定する従来の料金で引き続き利用できる。


NTT DOCOMO
KDDI
SoftBank

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2018年7月
    « 6月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK