スポンサーリンク

ZTE株の取引再開、深圳市場と香港市場で


中国のZTE (中興通訊)は2018年6月12日に深圳証券交易所(深圳証券取引所)および香港交易所(香港証券取引所)に同社株式の売買の再開を申請し、2018年6月13日より深圳証券交易所でA株、香港交易所でH株の売買を再開した。

ZTEは深圳証券交易所および香港交易所で上場しているが、米国の政府機関である商務省(Department of Commerce:DOC)傘下の産業安全保障局(Bureau of Industry and Security:BIS)よりDenied Persons Listの指定を受けたため、2018年4月17日より深圳証券交易所および香港交易所でZTEの株式は売買を停止していた。

しかし、ZTEは事業の再開に向けて巨額の罰金の支払い、監視員の受け入れ、董事会の入れ替えなどで商務省と合意に達した。

ZTEが罰金を支払いして預託金を納めれば、産業安全保障局はDenied Persons Listの指定を停止する予定で、ZTEは事業の再開の目処が立ったことから、同社株式の売買の再開を申請したと思われる。

ZTE

■関連記事
ZTEと米政府が制裁の見直しで合意、米商務省が正式発表

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2018年12月
    « 11月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK