スポンサーリンク

米国向けにLTE-Mに対応したSamsung SmartThings Trackerを発表



韓国のSamsung Electronics (サムスン電子)の米国法人であるSamsung Electronics AmericaはFDD-LTE端末「Samsung SmartThings Tracker」を米国向けに発表した。

LTE-Mに対応したトラッカーである。

米国の移動体通信事業者(MNO)であるAT&T MobilityおよびVerizon Wirelessが商用化したLTE-Mに対応している。

LTE-Mは携帯電話網を活用したIoT向け通信技術であるセルラーLPWA (Low Power Wide Area)のひとつで、3GPP (3rd Generation Partnership Project)の標準規格となり、LTE UE Category M1またはeMTCとしても知られる。

GPSを内蔵しており、正確な位置情報の追跡に活用できる。

IP68に準拠した防水性能や防塵性能に加えて耐久性も兼ね備える。

AT&T Mobilityは2018年9月14日に発売し、Verizon Wirelessは2018年中に発売する予定である。

本体価格はAT&T Mobilityの場合は99米ドル(約11,000円)に設定されており、24ヶ月契約のうち最初の12ヶ月の利用料金が本体価格に含まれる。

残りの12ヶ月は月額5米ドル(約560円)または12ヶ月一括で50米ドル(約5,600円)となる。

型番はAT&T Mobility向けがSM-V110A、Verizon Wireless向けがSM-V110Vである。


Samsung Electronics

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly
  • Recent Entries



  • スポンサーリンク

    Instagram



  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年10月
    « 9月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK