スポンサーリンク

日本市場にOPPO R17liteを投入へ、OPPO K1やOPPO R15xと同等


中国のGuangdong OPPO Mobile Telecommunications (OPPO広東移動通信)の日本法人であるOPPO Japanはスマートフォン「OPPO R17lite」を投入する見込みであることが分かった。

これまでにGuangdong OPPO Mobile Telecommunications製のCPH1893が日本のCertificate Technical Support Center (認証技術支援センター)の認証を取得しており、日本市場にCPH1893を投入することは決定的となっている。

CPH1893は未発表のスマートフォンの型番(モデル番号)であるが、Bluetooth SIGの認証ではCPH1893に関する追加情報が公開されており、Product NameがR17liteと記載されている。

したがって、日本市場に投入するCPH1893はOPPO R17liteとして展開すると思われる。

なお、OPPO R15 Proでは日本版として日本市場専用の型番を用意していたが、CPH1893はすでに台湾で政府機関の認証を取得しているため、グローバルで投入する型番を日本市場にも投入することが分かる。

CPH1893と共通のBluetoothモジュールを採用したスマートフォンとしてはOPPO K1およびOPPO R15xが存在しており、OPPO R17liteはOPPO K1やOPPO R15xと同等のスマートフォンとなる見込み。

具体的な日本市場における発売時期は不明であるが、2018年12月頃と推測している。

ただ、Guangdong OPPO Mobile Telecommunicationsはフラッグシップのスマートフォンを除いて、市場によってペットネームを変更する場合も少なくない点は留意しておきたい。


Bluetooth SIG – OPPO CPH1893

■関連記事
日本市場にOPPO K1を投入へ、CPH1893が技適を通過

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2018年11月
    « 10月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK