スポンサーリンク

Samsung Galaxy A6sを発表、Galaxy初のODM製造に


韓国のSamsung Electronics (サムスン電子)の中国法人である中国法人であるSamsung (China) Investment (三星(中国)投資)はFDD-LTE/TD-LTE/W-CDMA/TD-SCDMA/CDMA2000/GSM端末「Samsung Galaxy A6s (SM-G6200)」を発表した。

OSにAndroid 8.1 Oreo Versionを採用したスマートフォンである。

チップセットは64bit対応のQualcomm Snpadragon 660 Mobile Platform (SDM660)を搭載する。

CPUはクアッドコアの2.2GHzとクアッドコアの1.8GHzで計オクタコアとなっている。

ディスプレイは約6.0インチFHD+(1080*2160)液晶である。

カメラはリアに約1200万画素CMOSイメージセンサと約500万画素CMOSイメージセンサからなるデュアルカメラ、フロントに約1200万画素CMOSイメージセンサを備える。

通信方式はFDD-LTE/TD-LTE/W-CDMA/TD-SCDMA/CDMA2000/GSM方式に対応する。

LTEネットワーク上で音声通話を実現するVoLTE (Voice over LTE)を利用できる。

SIMカードはデュアルSIMで、サイズはNano SIM (4FF)サイズとなる。

Bluetoothや無線LANにも対応している。

システムメモリの容量は6GBで、内蔵ストレージの容量は64GBまたは128GBである。

外部メモリを利用可能としており、microSDカードスロットを備える。

電池パックは内蔵式で、容量は3300mAhとなっている。

充電端子は表裏の区別が不要なUSB Type-Cを採用する。

リアには指紋認証センサを備える。

カラーバリエーションは花木藍、錦鯉紅、撒浪黒の3色展開となる。

中国で販売することが決まっており、価格は内蔵ストレージの容量が64GBのモデルが1,799人民元(約29,000円)、128GBのモデルが2,199人民元(約36,000円)に設定されている。

製造はSamsung Electronicsと資本関係を持たない外部のODM企業に委託しており、中国の浙江省嘉興市南湖区に位置するJiaxing Yongrui Electron Technology (嘉興永瑞電子科技)の工場で製造する。

Galaxyシリーズのスマートフォンとしては初めてODM企業に製造を委託したスマートフォンとなる。


Samsung China

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年11月
    « 10月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK