スポンサーリンク

日本向けにHUAWEI Mate 20 liteを発表、ビックカメラグループが取り扱い


中国のHuawei Technologies (華為技術)日本法人であるHuawei Technologies Japan (華為技術日本)はFDD-LTE/TD-LTE/W-CDMA/GSM端末「HUAWEI Mate 20 lite (SNE-LX2)」を日本市場向けに発表した。

OSにAndroid 8.1 Oreo Versionを採用したスマートフォンである。

独自ユーザインタフェースはEMUI 8.2を導入している。

チップセットは64bit対応のHUAWEI Kirin 710となる。

CPUはクアッドコアの2.2GHzとクアッドコアの1.7GHzで計オクタコアとなっている。

ディスプレイは約6.3インチFHD+(1080*2340)液晶を搭載する。

カメラはリアに約2000万画素CMOSイメージセンサと約200万画CMOSイメージセンサからなるデュアルカメラ、フロントに約2400万画素CMOSイメージセンサと約200万画素CMOSセンサからなるデュアルカメラを備える。

通信方式はFDD-LTE 2600(B7)/2100(B1)/ 1800(B3)/900(B8)/850(B5)/ 800(B18/B19)/700(B28) MHz, TD-LTE 260(B38)/2500(B41)/2300(B40) MHz, W-CDMA 2100(I)/900(VIII)/ 850(V)/800(VI/XIX) MHz, GSM 1900/1800/900/850 MHzに対応している。

LTE-Advancedの主要技術であるキャリアアグリゲーション(CA)やLTEネットワーク上で音声通話を実現するVoLTE (Voice over LTE)を利用できる。

SIMカードはSIMロックフリーかつデュアルSIMで、サイズはNano SIM (4FF)サイズである。

Bluetooth 4.2や無線LAN IEEE 802.11 a/b/g/n/ac (2.4GHz and 5GHz)にも対応している。

システムメモリの容量は4GBで、内蔵ストレージの容量は64GBである。

外部メモリを利用可能としており、microSDカードスロットを備える。

電池パックは内蔵式で、容量は3750mAhとなっている。

充電端子は表裏の区別が不要なUSB Type-Cを採用する。

リアには指紋認証センサを搭載している。

カラーバリエーションはサファイアブルーとブラックの2色展開である。

日本市場では2018年11月30日に発売する予定で、市場想定価格は39,800円(税別)となっている。

BicCameraグループのBicCamera、Sofmap、Kojimaが取り扱う。


Huawei Technologies Japan

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年7月
    « 6月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK