スポンサーリンク

NTTドコモがウェルカムスマホ割を実施、docomo withと合わせて3,000円割引も


NTT DOCOMOはウェルカムスマホ割を2018年11月1日より実施しているため紹介する。

ウェルカムスマホ割はフィーチャーフォンからスマートフォンへ初めて移行する顧客を対象としており、最大で13ヶ月間にわたり月々1,500円の割引を行う。

NTT DOCOMOが提供するFOMAのフィーチャーフォンからXiへの契約変更、もしくは番号ポータビリティ(MNP)で他社契約のフィーチャーフォンからXiを契約する顧客が対象である。

個人名義と法人名義の両方が対象で、スマートフォン向けの対象の料金プランを契約、対象のパケットパックに加入、指定のインターネット接続サービスを契約することが条件となる。

対象の料金プランはカケホーダイプラン(スマホ/タブ)、カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)、シンプルプラン(スマホ)となり、これらの料金プランのうちいずれかを契約する必要がある。

対象のパケットパックはベーシックパック、ウルトラデータLL パック、ウルトラシェアパック30、ウルトラシェアパック100、ウルトラデータ Lパック、ベーシックシェアパック、ウルトラシェアパック50で、これらのパケットパックのうちいずれかの加入が必須となっている。

指定のインターネット接続サービスはspモード、ビジネスmoperaインターネット、mopera Uスタンダードプランのいずれかである。

契約変更の場合、直近にNTT DOCOMOの取扱店で購入手続きした機種がFOMAの対象機種で、かつ18ヶ月以上を利用していることが条件となる。

対象機種はドコモケータイ(iモード/spモード)、らくらくスマートフォンを除くらくらくホン、キッズケータイとなっている。

また、番号ポータビリティの場合、契約時に他社契約のフィーチャーフォンからの番号ポータビリティであると確認できることを条件に設定している。

条件をすべて満たせば、初回適用月から最大13ヶ月間にわたり毎月の利用料金から月々1,500円を割引する。

ウェルカムスマホ割は利用料金から月々1,500円を割引するdocomo withと併用できる。

docomo withは対象の機種を購入することで、期間の定めなく月々1,500円の割引を受けられる。

ウェルカムスマホ割とdocomo withの両方を適用すると、最大13ヶ月間にわたり月々3,000円の割引を受けることが可能である。

FOMAのフィーチャーフォンは新機種が登場しない見込みで、高性能なスマートフォンであれば使い方が広がり、生活をより豊かにできると思われる。

また、NTT DOCOMOはこれまでに2020年代の半ばにFOMAを終了する方針を明らかにしている。

LTEサービスではLTE-Advanced Proの技術による日本最速の高速な通信やVoLTE (Voice over LTE)による高音質な音声通話も利用できるため、ウェルカムスマホ割を機会にXiのスマートフォンに契約変更するのもよい選択肢だろう。

docomo Online Shopでは従来の機種変更(FOMA→FOMA)および機種変更(Xi→Xi)に加えて、2018年9月1日からは契約変更(FOMA→Xi)、新規(追加)契約、他社からのりかえ(MNP)に係る契約事務手数料も無料化したため、契約事務手数料は完全に無料となっている。

契約事務手数料が無料となるだけではなく、頭金も発生しないため、docomo Online Shopであれば割安で購入できる。



続々と増えるdocomo withの対象機種

docomo Online Shop

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年2月
    « 1月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK