スポンサーリンク

Fの携帯端末、FCCの申請者が富士通コネクテッドテクノロジーズに


FUJITSU CONNECTED TECHNOLOGIES (富士通コネクテッドテクノロジーズ:FCNT)製の携帯端末は米国の連邦通信委員会(Federal Communications Commission:以下、FCC)の認証における申請者をFUJITSU (富士通)からFUJITSU CONNECTED TECHNOLOGIESに変更したことが分かった。

FUJITSUは2016年2月1日に携帯端末事業を分社化し、携帯端末事業を担うFUJITSUの全額出資子会社としてFUJITSU CONNECTED TECHNOLOGIESが発足した。

しかし、2018年3月末にはFUJITSUがFUJITSU CONNECTED TECHNOLOGIESの株式の大半をPolaris Capital Groupに売却し、FUJITSU CONNECTED TECHNOLOGIESはFUJITSUの連結子会社から外れた。

2018年3月末以降はFUJITSU CONNECTED TECHNOLOGIESへの出資比率はPolaris Capital Groupが70%、FUJITSUが30%となっている。

FUJITSUがFUJITSU CONNECTED TECHNOLOGIESの株式の大半を売却後もFUJITSU CONNECTED TECHNOLOGIES製のarrows Be F-04KはFUJITSUが申請者としてFCCの認証を取得していたが、らくらくスマートフォン me F-01Lからは申請者がFUJITSU CONNECTED TECHNOLOGIESに変わった。

なお、arrows Be F-04Kは2018年5月17日付け、らくらくスマートフォン me F-01Lは2018年12月3日付けでFCCの認証を取得しており、いずれもNTT DOCOMO向けのスマートフォンである。

FCC IDの先頭の3桁または5桁はGrantee Codeと呼ばれ、申請者ごとに割当されるIDとなる。

FUJITSUにはVQKが割当されていたが、FUJITSU CONNECTED TECHNOLOGIESには2AQYEが割当された。

FUJITSU CONNECTED TECHNOLOGIESがFUJITSUの連結子会社から外れ、そのうえでFUJITSU CONNECTED TECHNOLOGIESとしてFCCの認証を申請する体制が整ったため、らくらくスマートフォン me F-01LからはFUJITSU CONNECTED TECHNOLOGIESがFCCの認証を申請したと思われる。

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年5月
    « 4月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK