スポンサーリンク

ソフトバンクおよびワイモバイル向けスマホAndroid One S5 (S5-SH)を発表


SoftBankおよびWILLCOM OKINAWA (ウィルコム沖縄)はSHARP製のFDD-LTE/AXGP(TD-LTE)/W-CDMA/GSM端末「Android One S5 (S5-SH)」を発表した。

SoftBankブランドおよびY!mobileブランドのラインナップで展開するAndroid Oneを適用したスマートフォンである。

OSにはAndroid 9 Pie Versionを採用する。

チップセットは64bit対応のQualcomm Snapdragon 450 Mobile Platform (SDM450)を搭載している。

CPUはオクタコアで動作周波数は最大1.8GHzとなっている。

ディスプレイは約5.5インチFHD+(1080*2160)IGZO液晶となる。

カメラはリアに約1200万画素CMOSイメージセンサ、フロントに約800万画素CMOSイメージセンサを備える。

通信方式はFDD-LTE 2100(B1)/1900(B2)/1800(B3)/ 1700(B4)/900(B8)/700(B28) MHz, AXGP(TD-LTE) 2500(B41) MHz, W-CDMA 2100(I)/1900(II)/1700(IV)/900(VIII) MHz, GSM 1900/1800/900 MHzに対応する。

SoftBankのネットワークでは通信速度が下り最大112.5Mbps/上り最大37.5Mbpsとなる。

VoLTE (Voice over LTE)をさらに高音質化する音声コーデック技術のEVS (Enhanced Voice Services)を適用したVoLTE(HD+)にも対応しており、より高音質な音声通話を利用できる。

SIMカードはシングルSIMで、サイズはNano SIM (4FF)サイズである。

Bluetooth 4.2や無線LAN IEEE 802.11 a/b/g/n/ac (2.4GHz and 5GHz Dual-Band)にも対応する。

地上デジタルテレビ放送は視聴できない。

システムメモリの容量は3GBで、内蔵ストレージの容量は32GBとなる。

外部メモリを利用可能としており、microSDカードスロットを備える。

IPX5/IPX8に準拠した防水性能やIP6Xに準拠した防塵性能を有する。

電池パックは内蔵式で、容量は2700mAhとなっている。

充電端子は表裏の区別が不要なUSB Type-Cとなる。

カラーバリエーションはクールシルバー、ダークブルー、ローズピンクの3色から選べる。

2018年12月下旬以降に発売する予定である。


SoftBank
Y!mobile オンラインストア

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2018年12月
    « 11月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK