スポンサーリンク

Airspan傘下のDense Air Australiaが豪州で5G周波数を獲得、卸売専業MNOとして展開か


豪州のDense Air Australiaは豪州の政府機関で電気通信分野などの規制を担う豪州通信メディア庁(Australian Communications and Media Authority:ACMA)が実施した第5世代移動通信システム(5G)向けの周波数オークションで周波数の落札に成功した。

豪州通信メディア庁は複数の対象区域に分けて5G向けに3.5GHz帯の割当を実施しており、Dense Air Australiaは29ロットを18,492,000豪ドル(約15億714万円)で落札している。

具体的にはアデレードで6ロット、ブリスベンとキャンベラでそれぞれ7ロット、メルボルンとシドニーでそれぞれ1ロット、パース・ロウアー・バンドで7ロットを落札し、パース・アッパー・バンド、北クイーンズランド、中央クイーンズランド、北ニューサウスウェールズおよび南クイーンズランド地域、南および西ニューサウスウェールズ地域、ビクトリア地域、タスマニア、南オーストラリア地域、西オーストラリア地域では落札に成功していない。

周波数範囲はアデレードが3670.0~3700.0 MHz、ブリスベンで3665.0~3700.0 MHz、キャンベラで3605.0~3640.0 MHz、メルボルンで3695.0~3700.0 MHz、シドニーで3635.0~3640.0 MHz、パース・ロウアー・バンドで3605.0~3640.0 MHzとなっている。

Dense Air Australiaは米国のAirspan Networksの子会社で英国のDense Airの豪州法人となる。

Dense Airはニュージーランドで周波数を取得し、carrier of carrierとして動作すると表明している。

carrier of carrierは既存の移動体通信事業者(MNO)とは競合せずに、既存の移動体通信事業者に対する卸売専業の移動体通信事業者として機能する。

豪州でもニュージーランドと同様の戦略で展開する可能性が高い。

豪州通信メディア庁

■関連記事
Airspanの子会社Dense Airがニュージーランドで周波数を取得、キャリアのキャリアを目指す

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年6月
    « 5月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
  • Archive

  • Select Category

  • LINK