スポンサーリンク

Redmiが約4800万画素カメラを搭載したスマホを発表へ


中国のXiaomi Communications (小米通訊技術)はRedmi (紅米)のブランドで約4800万画素のカメラを搭載したスマートフォンを発表することが分かった。

Weibo (新浪)でRedmiの公式アカウントが予告しており、2019年1月10日にRedmiの発表会を開催するという。

2019年1月10日の14時(中国標準時)より中国の首都・北京市で発表会を開催し、新型のスマートフォンなどを発表する計画である。

ティザー画像には4800の数字を確認できるため、約4800万画素のカメラを搭載したスマートフォンを発表することが有力視されている。

なお、約4800万画素のカメラを搭載したスマートフォンについては、従来よりXiaomi Communicationsが準備していると噂されていた。

カメラのセンサは不明であるが、Sonyの全額出資子会社であるSony Semiconductor Solutionsが開発した積層型CMOSイメージセンサであるSony IMX586を採用する可能性がある。

また、ティザー画像ではRedmiは新たに独立したブランドになるとも予告している。

2019年1月10日に開催する発表会では新型のスマートフォンの発表のみならず、Redmiのブランドの位置付けについても発表が行われる見込み。

Weibo – Redmi

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年1月
    « 12月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK