スポンサーリンク

SK Telecom Vietnamを清算、過去に携帯電話事業を展開


韓国のSK Telecomは2018年のうちにシンガポールのSK Telecom Vietnamを清算したことが分かった。

シンガポールの企業会計規制庁(Accounting and Corporate Regulatory Authority:ACRA)が提供する登記情報から判明した。

登記情報によるとSK Telecom Vietnamは社員の任意清算によって消滅したという。

SK Telecom Vietnamは旧社名がSLD Telecomで、SLDは出資者であるSK Telecom、韓国のLG Electronics、韓国のDongAh Elecomm (東亜エレコム)の頭文字に由来する。

出資比率はSK Telecomが53.8%、韓国のLG Electronicsが44.0%、DongAh Elecomm (東亜エレコム)が2.2%であり、直接的な出資者はすべて韓国の企業で、SK Telecomの子会社と位置付けられる。

SLD TelecomはベトナムでCDMA2000方式を利用して移動体通信事業を手掛けていた。

ベトナムのSAIGON POSTEL CORP. (SPT)と事業協力契約を締結し、SAIGON POSTEL CORP.の移動体通信事業を担当する支店で法人格がないC.D.M.A Mobile Phone Centerを通じて、ブランド名をS-Foneとして移動体通信事業を展開していた。

しかし、2009年8月にS-Foneの業績不振を受けて、実質的にS-Foneの事業を支えたSK Telecomは事業協力契約を打ち切る方針を示し、S-Foneの事業は多額の損失を計上して2012年7月に事業を終了した。

SLD Telecomはシンガポールの企業であり、ベトナムではSAIGON POSTEL CORP.およびC.D.M.A Mobile Phone Centerが本部を設置するベトナムの最大都市・ホーチミン市に法人格のない事務局を置いた。

2008年に社名をSLD TelecomからSK Telecom Vietnamに変更後も登記上は事務局を維持していたが、SK Telecom Vietnamの消滅に伴いホーチミン市の事務局も消滅している。

また、SLD TelecomはカンボジアでもCDMA2000方式で移動体通信事業の免許を取得したが、参入は実現しなかった。

企業会計規制庁

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年4月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK