スポンサーリンク

21:9の有機ELディスプレイを搭載したZTE Axon Vが公開される


中国のZTE (中興通訊)はスマートフォン「ZTE Axon V」の開発を進めていることが分かった。

iF DESIGN AWARDの公式ウェブサイトでZTE Axon Vが公開された。

なお、iF DESIGN AWARDはドイツのiF International Forum Designが主催しており、世界3大デザイン賞のひとつで国際的に権威あるデザイン賞のひとつとされている。

ZTEはiF DESIGN AWARD 2019におけるProductの分野でZTE Axon Vを応募しており、iF DESIGN AWARDの公式ウェブサイトではZTE Axon Vの外観や概要を確認できる。

ZTE Axon Vはエンターテインメントにフォーカスしたスマートフォンである。

ディスプレイは約6.8インチの有機ELを搭載している。

Content priorityをデザインインサイトとしており、ディスプレイのアスペクト比は映画館のスクリーンに近い21:9となる。

コンテンツをフルに表示できるようディスプレに切り欠き(ノッチ)はなく、サイドの突起部にフロントカメラを搭載した独特なデザインを採用する。

突起部の存在による非対称なデザインが特徴的となっている。

リアにはデュアルカメラ、フロントにもデュアルカメラを備える。

2019年中の発売に向けて開発を進めている模様である。

ただ、過去にZTEはiF DESIGN AWARDで公開したスマートフォンを製品化していない事例もあるため、製品化には過度な期待はしない方が無難と思われる。


iF DESIGN AWARD

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年8月
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK