スポンサーリンク

ベトナム・ハノイ市でVietnamobileのSIMカードを購入、120GBで300円弱


ベトナムの首都・ハノイ市を訪問して同国の移動体通信事業者(MNO)であるVietnamobile Telecommunications Joint Stock Company (以下、Vietnamobile Telecommunications)のSIMカードを購入したので紹介する。

ベトナムではポストペイド契約とプリペイド契約ともにSIMカードの利用にあたり実名登録を義務化し、ベトナムの政府機関で電気通信分野の規制を司る情報通信省(Ministry of Information and Communications:MIC)は2018年4月24日までにIDカードの情報と顔写真を登録するよう要求していた。

そのため、ベトナムでプリペイドSIMカードを購入する場合はIDカードの提示と顔写真の撮影が必須となる。

なお、ベトナム国籍でない場合は有効な旅券をIDカードの代わりに使えるため、日本国籍であれば日本国旅券で問題ない。

正しく実名登録を実施していないSIMカードの利用は不正利用であるため、十分に注意したい。

多少は面倒でも法令を遵守して安全にSIMカードを利用するため、筆者はハノイ市内のVietnamobile Telecommunicationsの直営店でSIMカードを購入した。

■Vietnamobile Telecommunicationsの概要

まずは、Vietnamobile Telecommunicationsの概要を紹介する。

Vietnamobile TelecommunicationsはHT Mobileが前身である。

HT Mobileは法人格がなく、ベトナムのHanoi Telecomの支店の位置付けで、Hanoi Telecomと香港特別行政区を拠点とする英領ケイマン諸島のCK Hutchison Holdings (長江和記實業)の子会社でルクセンブルクのHutchison Telecommunications (Vietnam)が締結した事業協力契約(BCC)に基づき、共同でHT Mobileに投資していた。

HT MobileはブランドをVietnamobileに変更し、それに伴って事業体の名称もVietnamobileに変更した。

さらに、事業体としてのVietnamobileについて、事業協力契約から株式会社へ事業形態を変更することになり、2016年4月に株式会社化して法人格を有するVietnamobile Telecommunicationsとなった。

Vietnamobile Telecommunicationsに対する出資比率はHanoi Telecomが50%、Hutchison Telecommunications (Vietnam)が49%、Hanoi Telecomの幹部が1%となり、2019年4月時点で存在するベトナムの移動体通信事業者では唯一の外資が入った企業となっている。

加入件数はベトナムで2番目に少なく、2019年初めの時点で加入件数の占有率はわずか3.6%にとどまる。



SIMカードを購入したVietnamobile Telecommunicationsの直営店

■通信方式と周波数

通信方式および周波数はLTE (FDD)方式の2.1GHz帯(Band 1)と900MHz帯(Band 8)、W-CDMA方式の2.1GHz帯(Band I)と900MHz帯(Band VIII)、GSM方式の900MHz帯を利用する。

地域によって周波数の利用状況が異なり、ハノイ市ではLTE (FDD)方式のBand 8、W-CDMA方式のBand IとBand VIII、GSM方式の900MHz帯を確認した。

ベトナムの南部地域ではLTE (FDD)方式のBand 1の運用を開始しており、Band 1とBand 8を束ねたキャリアアグリゲーション(CA)も導入している。

なお、Vietnamobile Telecommunicationsはベトナムで初めてCAを商用化した移動体通信事業者となった。

■プリペイドSIMカードのプラン

データ通信や音声通話のパッケージが含まれるSIEU THANH SIMを推奨するということで、SIEU THANH SIMを購入した。

SIEU THANH SIMは価格が60,000ベトナムドン(約290円)で、有効期間は30日間、データ通信容量は120GB、Vietnamobile Telecommunicationsの電話番号宛国内通話は20分未満が1,000分、Vietnamobile Telecommunications以外の電話番号宛国内通話は73分、Vietnamobile Telecommunicationsの電話番号宛SMSは1,000件となっている。

データ通信容量は1日あたり4GBまでとなり、30日間有効のため合計で120GBに達する。

SIMカード新規発行料などは発生せず、SIEU THANH SIMの価格である60,000ベトナムドンのみで購入できた。



Vietnamobile TelecommunicationsのSIMカード

■使用感など

SIMカードのサイズはNano SIM (4FF)サイズ、Micro SIM (3FF)サイズ、Mini SIM (2FF)サイズのトリプルカットであるため、特にSIMカードのサイズを気にする必要はない。

APNは設定する必要があればinternetで問題なくデータ通信を使えた。

テザリング機能も問題なく利用できる。

実名登録のための手続きは物理的なSIMカードで新規契約時は求められず、筆者の申告でようやく手続きを進めたが、積極的に情報通信省の指示に従う姿勢を見せない点は少し不安である。

ベトナムの移動体通信事業者としてはVietnamobile Telecommunicationsが1GHz未満の周波数でLTEサービスを提供する唯一の移動体通信事業者であるが、屋内では他社より強いどころか酷いことも多かった。

大型商業施設の入り組んだ屋内や地下部分などでW-CDMA方式やGSM方式に切り替わるどころか、圏外となることもしばしばあり、実用的に使えたとは言い難い。

安かろう悪かろうという印象である。

サービスに不満があることに加えて、少なくともiOS 12.2までのiOSではLTE Bandに問題がなくともLTEサービスを利用できないため、積極的に選ぶ価値はないと感じた。

これらの短所を承知のうえで選ぶならば、安く使えるため悪くない選択肢にはなるだろう。

■関連記事
ベトナム・ハノイ市でMNO全社のLTE事情を調査

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年9月
    « 8月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK