スポンサーリンク

T-Mobile USA版とSprint版のSamsung Galaxy S10 5Gはハードウェア共通化、合併視野に両社の5Gに対応


韓国のSamsung Electronics (サムスン電子)製のNR/LTE/W-CDMA/CDMA2000/GSM端末「SM-G977T」が2019年5月20日付けで連邦通信委員会(Federal Communications Commission:以下、FCC)を通過した。

FCC IDはA3LSMG977T。

モバイルネットワークはNR (TDD) 39000(n260)/28000(n261)/2500(n41) MHz, LTE (FDD) 2600(B7)/1900(B2/B25)/ 1700(B4/B66)/850(B5)/800(B26)/ 700(B12/B13)/600(B71) MHz, LTE (TDD) 3600(B48)/2600(B38)/2500(B41) MHz, W-CDMA 1900(II)/1700(IV)/850(V) MHz, CDMA2000 1900(BC1)/800(BC0/BC10) MHz, GSM 1900/850 MHzで認証を受けている。

Bluetooth、無線LAN、NFC、無線給電の周波数でも通過している。

無線LANの規格はIEEE 802.11a/b/g/n/ac/axに対応しており、2.4GHz帯に加えて5GHz帯も利用できる。

SM-G977TはSamsung Galaxy S10 5Gの型番のひとつである。

型番規則から米国の移動体通信事業者(MNO)であるT-Mobile USA向けのSamsung Galaxy S10 5Gと考えられる。

また、FCCでは追加モデルとしてSM-G977Pが同一端末として認証を受けている。

SM-G977Pは型番規則からSoftBank Groupの子会社で米国の移動体通信事業者であるSprint向けのSamsung Galaxy S10 5Gとなる。

すなわち、T-Mobile USA向けとSprint向けのSamsung Galaxy S10 5Gはハードウェアを共通化したことが分かる。

T-Mobile USAを完全所有するT-Mobile USとSprintは合併で合意しており、合併の完了を視野に入れてT-Mobile USA向けとSprint向けのSamsung Galaxy S10 5Gはハードウェアを共通化し、ひとつのハードウェアでNR方式を含めたT-Mobile USとSprintの両方のネットワークに対応する。

NR方式は標準化団体の3GPP (3rd Generation Partnership Project)で第5世代移動通信システム(5G)の要求条件を満たすために規定された。

NR方式にはNR方式が単独で動作するスタンドアローン(SA)と、LTE方式と連携して動作するノンスタンドアローン(NSA)が規定されているが、T-Mobile USAとSprintはノンスタンドアローンを採用するため、NR方式の利用にはアンカーバンドとなるLTE方式への常時接続が前提となり、LTE方式とNR方式のデュアルコネクティビティ(EN-DC)が有効時にNR方式を利用できる。

NR (TDD) 39000(n260)/28000(n261) MHzの利用にはLTE (FDD) 1900(B2)/1700(B66) MHzがアンカーバンドとして機能し、NR (TDD) 2500(n41) MHzの利用にはLTE (TDD) 2500(B41) MHzのみがアンカーバンドとして機能できる。

なお、FCCではラベルとラベルの表示方法が公開されている。


FCC

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年6月
    « 5月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
  • Archive

  • Select Category

  • LINK