スポンサーリンク

Samsung Galaxy S10+に新色として銀色を追加


韓国のSamsung Electronics (サムスン電子)はスマートフォン「Samsung Galaxy S10+」に新色を追加した。

追加された新色はPrism Silverである。

Prism Silverは香港特別行政区で販売することが決まっている。

Samsung Electronicsの香港特別行政区法人であるSamsung Electronics Hong Kong (三星電子香港)は2019年6月15日にPrism Silverを発売すると案内している。

香港特別行政区向けのSamsung Galaxy S10+にはシステムメモリの容量が8GBで内蔵ストレージの容量が128GBのモデル(以下、8GB+128GBモデル)、システムメモリの容量が8GBで内蔵ストレージの容量が512GBのモデル(以下、8GB+512GBモデル)、システムメモリの容量が12GBで内蔵ストレージの容量が1TBのモデル(以下、12GB+1TBモデル)の3種類が用意されているが、Prism Silevrは8GB+128GBモデルのみとなり、8GB+512GBモデルや12GB+1TBモデルは選べない。

なお、カラーバリエーションは8GB+128GBモデルが従来のPrism White、Prism Black、Prism GreenにPrism Silverを追加して4色展開、8GB+512GBモデルが従来通りCeramic WhiteとCeramic Blackの2色展開、12GB+1TBモデルが従来通りCeramic Blackの1色展開となる。

Prism Silverの価格は従来の本体色と共通で、6,998香港ドル(約96,000円)に設定されている。

販売の開始に先立ち、2019年6月6日より事前注文を受け付けている。

香港特別行政区では2019年3月8日よりSamsung Galaxy S10+の販売を開始しているが、発売当初から価格の変更はない。


Samsung Hong Kong

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年6月
    « 5月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
  • Archive

  • Select Category

  • LINK