スポンサーリンク

ファーウェイがHONOR VisionとHONOR Vision PROを発表、独自OSのHarmonyOS 1.0を初搭載


中国のHuawei Technologies (華為技術)はスマートスクリーン「HONOR Vision (OSCA-550A)」および「HONOR Vision PRO (OSCA-550)」を発表した。

Huawei TechnologiesがHONORブランドで展開するスマートスクリーンである。

OSにはHarmonyOS 1.0を採用している。

Huawei Technologiesが独自OSとして開発を進めるHarmonyOS (華為鴻蒙)を採用した最初の製品となる。

チップセットはHuawei Technologiesの完全子会社で中国のHiSilicon Technologies (深圳市海思半導体)が開発したHiSilicon Honghu 818を採用し、クアッドコアのCPUを搭載する。

CPUはデュアルコアのARM Cortex-A73とデュアルコアのARM Cortex-A53で構成される。

ディスプレイは約55インチのLED液晶で、解像度は4KクラスのUHD(3840*2160)、アスペクト比は16:9、視野角は178度、リフレッシュレートは60Hzである。

狭額縁設計を適用しており、ディスプレイ占有率は94%を実現している。

HONOR Vision PROは上部側面から飛び出す構造のスマートポップアップカメラを採用しており、1080p解像度の動画撮影に対応する。

通信性能を備えており、モバイルネットワークには非対応であるが、Bluetooth 5.0および無線LAN IEEE 802.11a/b/g/n/ac (2.4GHz/5GHz)を利用できる。

システムメモリの容量は2GBで、内蔵ストレージの容量はHONOR Visionが16GB、HONOR Vision PROが32GBとなる。

カラーバリエーションは星空灰の1色を用意している。

中国で販売することが決定しており、価格はHONOR Visionが3,799人民元(約57,000円)、HONOR Vision PROが4,799人民元(約72,000円)である。


HONOR

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年8月
    « 7月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK