スポンサーリンク

ワイモバイル、スマホ向け料金プランを10月1日に改定


SoftBankおよび同社の連結子会社であるWILLCOM OKINAWA (ウィルコム沖縄)は2019年10月1日よりY!mobileのスマートフォン向け料金プランを改定すると発表した。

電気通信事業法の改正に伴い、Y!mobileでは2019年10月1日よりスマートフォン向け料金プランの改定を実施する。

2年契約の料金プランであるスマホプランは新規申し込みの受け付けを終了し、2019年10月1日以降は契約期間および契約解除料がない料金プランであるスマホベーシックプランの新規申し込みを受け付ける。

スマホベーシックプランのうち、スマホベーシックプランSおよびスマホベーシックプランMは従来より基本使用料を値下げし、スマホベーシックプランRが新設される。

2019年10月1日以降はスマホベーシックプランS、スマホベーシックプランM、スマホベーシックプランRがY!mobileのスマートフォン向け料金プランのラインナップとなる。

また、スマホベーシックプランに新規契約、他社からの乗り換え(MNP)、契約変更で申し込むと、契約翌月から6ヶ月間にわたり基本使用料から毎月700円を割引する新規割を2019年10月1日より提供を開始する。

新規割はおうち割 光セット(A)または家族割引サービスと併用できる。

基本使用料と高速データ通信容量はスマホベーシックプランSが2,680円で2GB、スマホベーシックプランMが3,680円で6GB、スマホベーシックプランRが4,680円で10GBとなっている。

ただ、月額500円のデータ増量オプションに加入して2年間のデータ増量無料キャンペーンを適用すると、基本使用料は変わらず高速データ通信容量がそれぞれ3GB、9GB、13GBとなる。

新規割およびおうち割 光セット(A)または家族割引サービスを適用すると、加入翌月から7ヶ月目までの月額利用料金はスマホベーシックプランSが1,480円、スマホベーシックプランMが2,480円、スマホベーシックプランRが3,480円、8ヶ月目以降の月額利用料金はスマホベーシックプランSが2,180円、スマホベーシックプランMが3,180円、スマホベーシックプランRが4,180円で利用できる。

2019年9月30日までにスマホベーシックプランを契約済みの場合、2019年10月利用分からスマホベーシックプランSおよびスマホベーシックプランMは2019年10月1日以降の料金が適用されるため、基本使用料はそれぞれ5,480円から2,680円、6,480円から3,680円となるほか、スマホベーシックプランLは8,480円から5,680円に値下げする。

スマホプランは2019年9月30日までに契約済みであれば2019年10月1日以降も従来と同じ条件でスマホプランを使える。

2019年10月1日以降にスマホプランからスマホベーシックプランへ移行する場合、契約更新月以外の期間に申し込むと契約解除料が必要となるが、Y!mobileを継続して2年以上を契約もしくは機種変更と同時にスマホベーシックプランへ移行すると契約解除料が免除される。

SoftBank
Y!mobileオンラインストア

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年9月
    « 8月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK