スポンサーリンク

SHARP AQUOS zero2、さらなる軽量化を達成


台湾のHon Hai Precision Industry (鴻海精密工業)の子会社であるSHARPはスマートフォン「SHARP AQUOS zero2」のさらなる軽量化を達成したと発表した。

2019年9月25日にSHARP AQUOS zero2を発表した当初は質量を約143gと案内していたが、その後に部品の見直しなどでさらなる軽量化に成功したという。

最終数値として質量は約141gで確定したとのことで、当初の発表より約2gの軽量化となる。

ディスプレイのサイズが約6.0インチ以上で、IPX5以上の防水性能を備え、電池パックの容量が3000mAhを超えるスマートフォンとしては、世界最軽量を更新することになる。

同条件ではSHARP AQUOS zero2の先代機種であるSHARP AQUOS zeroが世界最軽量で、質量は約146gとなっていたが、SHARP AQUOS zero2はSHARP AQUOS zeroから約5gの軽量化を実現する。

SHARP AQUOS zero2はディスプレイに薄くて軽い新開発の有機ELを採用しており、4倍速の高速表示に対応するほか、反応速度も向上した。

また、軽くて強いマグネシウム合金フレームを採用し、基板重量を大幅に削減したという。

2020年1月下旬より日本で移動体通信事業者(MNO)を通じて販売することが決まっている。

NTT DOCOMO、auブランドを展開するKDDIおよびOkinawa Cellular Telephone (沖縄セルラー電話)、SoftBankのSoftBankブランドで取り扱う。


SHARP

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年8月
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK