スポンサーリンク

シンガポールのSingtelが2020会計年度Q3の業績を発表


シンガポールのSingapore Telecommunications (新加坡電信:Singtel/新電信)は2020会計年度第3四半期の業績を発表した。

2019年12月31日に終了した9ヶ月間となる2020会計年度第3四半期の連結売上高は前年同期比3.0%減の126億4,300万シンガポールドル(約9,988億円)、EBITDAは前年同期比0.5%減の35億900万シンガポールドル(約2,772億円)、当期純損益は前年同期比78.5%減で5億シンガポールドル(約395億円)となった。

前年同期比で減収減益を記録したことになる。

シンガポール国内の移動体通信分野による売上高は前年同期比3.0%減の18億3,000万シンガポールドル(約1,446億円)である。

連結売上高のうちシンガポール国内の移動体通信分野は14.5%を占めている。

サブブランドの展開や移動体通信事業者(MNO)や仮想移動体通信事業者(MVNO)の新規参入などが関連して競争が激化しているという。

なお、シンガポール国内の移動体通信事業はSingapore Telecommunicationsの完全子会社であるSingtel Mobile Singaporeが手掛ける。

2019年12月31日時点の事業データも公開されている。

シンガポール国内の移動体通信サービスの加入件数はポストペイド契約が267万3,000件、プリペイド契約が149万2,000件、合計が426万5,000件となり、移動体通信サービスの加入件数は増加傾向である。

また、シンガポール国内では加入件数ベースの占有率が49.9%となった。

シンガポールにはSingtel Mobile Singaporeを含めて3社の移動体通信事業者が存在し、1社の新規参入も決定しているが、ほぼ半数をSingtel Mobile Singaporeが占める状況となっている。

移動体通信サービスの加入件数のうち、ポストペイド契約の比率は62.7%、プリペイド契約の比率は37.3%である。

2019年12月31日に終了した3ヶ月間に限定したシンガポールドル(SGD)ベースのARPU (1回線当たり月間平均収入)はポストペイド契約が39シンガポールドル(約3,081円)、プリペイド契約が16シンガポールドル(約1,264円)、合計が30シンガポールドル(約2,370円)となった。

Singapore Telecommunicationsはシンガポールのほかに複数の国で移動体通信事業者を手掛けており、豪州では完全子会社のSingtel Optusの完全子会社であるOptus Mobileが移動体通信事業を展開している。

Singtel

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年9月
    « 8月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK