スポンサーリンク

富士通、日本で初めてローカル5Gの免許を取得



FUJITSU (富士通)は日本で初めてローカル5Gの免許を取得したと発表した。

これまでに、FUJITSUがローカル5Gの免許を申請したことが分かっていたが、FUJITSUは2020年2月18日に総務省(Ministry of Internal Affairs and Communications:MIC)の関東総合通信局よりローカル5Gの無線局予備免許を付与されたという。

周波数はミリ波(mmWave)の28GHz帯で、具体的な周波数範囲は28200~28300MHzの100MHz幅となる。

FUJITSUはローカル5Gの無線局予備免許の付与を受けて、神奈川県川崎市の富士通新川崎テクノロジースクエアに第5世代移動通信システム(5G)の電波を送出する無線局を設置し、ローカル5Gネットワークシステムの検証を進める。

2020年春には富士通新川崎テクノロジースクエアに顧客やパートナー企業とローカル5Gを活用したユースケースを実証する場としてFUJITSU コラボレーションラボを開設する予定である。

また、ローカル5Gを活用して多地点カメラとAI技術を活用した映像解析によるセキュリティシステムの運用も行う。

FUJITSUはほかの事業所および工場、グループ会社でもローカル5Gの免許を順次申請し、製造業をはじめとした様々な業種の顧客の業務革新に向けて、ローカル5Gのネットワーク構築および最適な活用を支援する方針を示している。

関東総合通信局によると、無線局予備免許を付与した無線局に関しては、工事完了後に電波法第10条に基づく落成検査により電波法令の基準への適合を確認して無線局免許を付与するという。

なお、ローカル5Gは地域の需要や多様な産業分野の個別の需要に応じて、様々な主体が地域限定で柔軟に構築して利用できる5Gである。

まずは28GHz帯の100MHz幅を使用したローカル5Gの制度が整備されている。

FUJITSU

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly
  • Recent Entries



  • スポンサーリンク

    Instagram



  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年11月
    « 10月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK