スポンサーリンク

ソフトバンクが型番規則を変更、2020年度から



SoftBankは型番規則を変更したことが分かった。

一部の機種を除いてSoftBankは基本的に型番を前面に出していないが、2020年5月11日に韓国のLG Electronics製のスマートフォン「LG V60 ThinQ 5G」を発売しており、それに伴い公開した取扱説明書には型番がA001LGと記載されている。

従来の型番規則であれば902LGとなるところであるが、LG V60 ThinQ 5Gの型番はA001LGとなる。

型番のA001LGはメーカー側の公式ウェブサイトや認証機関などで確認できていたが、ようやくSoftBankの公式ウェブサイト内でも確認できたため、SoftBankが型番規則を変更したことが確定した。

当初、SoftBankは2020年4月下旬以降にLG V60 ThinQ 5Gを発売する予定と案内していたが、最終的に2020年5月11日に発売することになった。

2020年3月27日に発売したSHARP製のスマートフォン「AQUOS R5G」および中国のZTE (中興通訊)製のスマートフォン「ZTE Axon 10 Pro 5G」は型番がそれぞれ908SHと902ZTで、従来の型番規則が適用されているため、2020年4月1日に開始した2020年度(2021年3月期)に発売する機種から新たな型番規則を適用したと考えられる。

従来の型番規則は2010年秋に導入しており、毎年秋に百の位の数字が1ずつ繰り上がるため、2020年秋には10進数ならば1001メーカー略号、16進数ならばA01メーカー略号となるはずであったが、2020年秋を待たずに型番規則を変更した。

SoftBankが2020年7月下旬以降に発売する予定の中国のGuangdong OPPO Mobile Telecommunications (OPPO広東移動通信)製のスマートフォン「OPPO Reno3 5G」は型番がA001OPとなる模様である。

ほかに、新たな型番規則に従うとKYOCERA (京セラ)製であればA001KCやA002KC、SHARP製であればA001SHやA002SH、Sony Mobile Communications製であればA001SOやA002SO、ZTE製であればA001ZTやA002ZTとなる見込み。


SoftBank

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly
  • Recent Entries



  • スポンサーリンク

    Instagram



  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年11月
    « 10月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK