スポンサーリンク

国土交通省、総務省にローカル5G無線局免許を申請



国土交通省(Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism:MLIT)は総務省(Ministry of Internal Affairs and Communications:MIC)にローカル5Gの無線局免許を申請したと発表した。

総務省が2020年12月18日に周波数を拡張したローカル5Gを制度化するとともに、周波数を拡張したローカル5Gの無線局免許に係る申請の受け付けを開始したため、国土交通省は2020年12月18日付けで総務省にローカル5Gの無線局免許を申請したと案内している。

ローカル5Gの基地局の設置場所は2ヶ所で、具体的には茨城県つくば市に所在する国土交通省国土技術政策総合研究所内と千葉県松戸市に所在する国土交通省関東地方整備局関東技術事務所内となる。

ローカル5Gの活用方法に関しては国土技術政策総合研究所および関東地方整備局関東技術事務所にローカル5Gの環境を整備し、建設機械の無人操作を行う予定という。

希望周波数は4800~4900MHzの100MHz幅と公表している。

第5世代移動通信システム(5G)の無線方式はNR方式を導入することになり、NR BandはFR1のn79に該当する。

総務省は2019年12月24日にローカル5Gを制度化したが、当初は周波数範囲がミリ波(mmWave)の28GHz帯で28200~28300MHzの100MHz幅に限られていた。

2020年12月18日にローカル5Gの周波数を拡張しており、28GHz帯では28300~29100MHzの800MHz幅を追加したほか、新たにサブ6GHz帯の4.5GHz帯で4600~4900MHzの300MHz幅をローカル5Gで使用できるよう制度整備した。

国土交通省は総務省が新たに制度整備した4.5GHz帯の周波数を希望してローカル5Gの無線局免許を申請したことになる。

サブ6GHz帯はミリ波と比べて端末や基地局の調達および運用が容易で、4.5GHz帯を使用したローカル5Gの導入に関心が高まっている。

2020年12月18日以降は4.5GHz帯を使用したローカル5Gの導入を希望する複数の事業体がローカル5Gの無線局免許を申請しており、国土交通省もその事業体のひとつとなった。

総務省は国土交通省より行われたローカル5Gの無線局免許の申請に関して審査などを実施し、ローカル5Gの無線局免許を付与することになる。

国土交通省

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly
  • Recent Entries



  • スポンサーリンク

    Instagram



  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2021年1月
    « 12月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • Archive

  • Select Category

  • LINK