スポンサーリンク

グアムでGTAのプリペイドSIMを購入



米領グアムの移動体通信事業者(MNO)でGTAとして携帯通信事業を行うTeleGuam HoldingsのプリペイドSIMカードを試したため紹介する。

TeleGuam Holdingsはグアムに本社機能を設置しているが、米国(アメリカ)本土のデラウェア州に登記上の本店が所在するデラウェア法人である。

グアムの政府機関として存在したグアム電話局(Guam Telephone Authority)の民営化に伴いグアム電話局の事業を承継する会社としてTeleGuam Holdingsを設立することになった。

グアム電話局の略称であるGTAはTeleGuam Holdingsがグアム電話局の事業を承継後もブランドとして使用している。

一般に社名のTeleGuam HoldingsよりブランドのGTAとして通用度が高いため、以下からGTAと表記する。

GTAでは短期滞在者向けのプリペイドSIMカードとしてGTA PREPAID SIM KIT UNLIMITEDを販売しており、有効期間は4日間と7日間を選択できた。

料金は1日あたり2.5米ドル(約360円)で計算し、データ通信容量は無制限となっている。

プリペイドSIMカードの購入に本人確認書類の提示は求めていない。

また、使用するスマートフォンの動作確認も行わないため、利用者側は事前に使用するスマートフォンの対応周波数を確認するなどの対応が必要となる。

プリペイドSIMカードは利用者が有効化の作業を行う必要があり、パッケージに記載の通りに有効化の作業を進めた。

有効化はUSSDコードを使用するため、ダイヤル画面から*488#と入力して有効化の作業を行う。

SIMカードのサイズはMini SIM (2FF)、Micro SIM (3FF)、Nano SIM (4FF)のトリプルカットで、APNの設定が必要な場合はAPNの名前にGTA、APNにmpulse(ドット)gta(ドット)netと(ドット)を.に置き換えて入力すると問題ない。

データ通信容量は無制限であるが、通信速度は深夜を除いて制限しており、実測では最大でも下り3Mbps前後、上り1Mbps前後にとどまるため、通信速度が必要な場合はデータ通信容量を追加で購入する必要がある。

通信速度の制限がない状態では下り130Mbps前後、上り60Mbps前後を記録した。

通信方式と周波数は第4世代移動通信システム(4G)のLTE方式がB4/B66とB13、第3世代移動通信システム(3G)のW-CDMA方式がVで、帯域幅と搬送波はB4/B66が15MHz幅*2、B13が10MHz幅*2、Vが5MHz幅*2を1搬送波ずつ運用することを確認できた。

なお、B4/B66はMFBI (Multiple Frequency Band Indicator)を適用している。

LTE方式ではCA_4A-13AとCA_13A-66Aの組み合わせでキャリアアグリゲーション(CA)を導入しており、CAを適用した場合に通信速度は下り130Mbps前後、上り60Mbps前後に達した。

CAに対応していない機種の場合は通信速度が低下することに留意しておきたい。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。









  • follow us in feedly
  • Recent Entries


  • スポンサーリンク

    Instagram



  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2023年2月
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK