スポンサーリンク

ソフトバンクがオランダでLTE国際ローミングを提供開始、台湾ではVIBO (T STAR)を追加



ソフトバンクはLTE国際ローミングの提供エリアを拡大すると発表した。

新たに追加されるエリアはオランダである。

オランダにおけるローミング先の移動体通信事業者はKPNとなる。

2014年8月28日よりオランダにおけるLTE国際ローミングを提供する。

また、台湾とフランスとカナダではLTE国際ローミングのローミング先の移動体通信事業者を追加する。

台湾ではVIBO Telecom(威寶電信)、フランスではBouygues Telecom、カナダではBell MobilityのネットワークでLTE国際ローミングが可能となる。

なお、台湾のVIBO TelecomはLTE用の帯域を保有しておらず、親会社のTaiwan Star Telecom(台湾之星移動電信)が提供する。

そのため、実際はTaiwan Star TelecomのネットワークでLTE国際ローミングを利用することになる。

台湾では2014年8月28日より、カナダでは2014年8月29日より、フランスでは2014年9月2日より追加される。

SoftBank

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly
  • Recent Entries


  • スポンサーリンク

    Instagram



  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2023年1月
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK